男性モテ確実!華やかだけどケバくない「女子アナメイク」全テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バラエティ番組では明るい笑顔で潤滑油のように司会を進め、報道番組では難しいニュースをスラスラと読み上げる……外見のかわいさだけではなく、周りを引き立てる気遣いや、女性らしい所作ができる”女子アナ”は、いつの時代も男性からの人気が高いですよね。

だからこそ、今すぐに女子アナのようになるというのは難しいのですが、まずは男性ウケ抜群の女子アナ風メイクをマスターしてみませんか? 

 

■1:しっかり隠すけど厚塗りにならないベースメイク

女子アナの肌は、マットで色むらや毛穴が上手にカバーされていますよね。このような肌になるには、まずリキッドファンデーションを薄くのばし、トラブルがあるところをコンシーラーで隠します。

そして、仕上げに大きめのブラシにとったパウダーをふんわりとのせること。これで、陶器肌の完成です。

 

■2:眉頭は薄めのやや太眉

眉は、髪の毛の色に合ったパウダーとペンシルを使って仕上げましょう。眉頭はパウダーで薄めにし、眉尻はペンシルでしっかりとラインを出すのがポイントです。細すぎる眉や角度がつきすぎた眉は、キツイ顔に見えてしまうので、やや太眉にするのがいいですよ。

 

■3:自然な色のシャドウと細ラインでナチュラルでか目

アイシャドウは、ナチュラルで色味がハッキリしていないものがおススメです。ナチュラルピンクやブラウンのようなカラーをアイホール全体にのばしたら、二重の幅に先ほどよりやや濃い色をのせましょう。下まぶたに、アイボリー系のパール入りのアイシャドウで涙袋を作ると、目が潤んでかわいく見えます。

アイラインは、決して太く黒くしすぎないこと! 目尻の跳ね上げも控えましょう。ポイントは、黒のリキッドアイライナーでまつ毛の生え際に細くラインを引き、黒目の上の部分だけは、やや太めにすること。下まぶたは、ブラウンのペンシルアイライナーを使い、黒目の外側から目尻に向けてやや下にさがるようにラインを引くと、たれ目で優しげに見えますよ。

まつ毛は、ビューラーでしっかりとカールさせて、ロングタイプのマスカラを使って自然に仕上げましょう。マスカラは、まつ毛の上からつけ、次にまつ毛の下から持ち上げるようにブラシを左右に動かしながらつけると、ダマになりにくいですよ。

 

■4:肌の色に合ったリップアイテムを

肌がイエローベースの人はベージュ系、ブルーベースの人はピンク系の口紅が似合います。ブラシを使って口紅をのせたら、下唇の中央にグロスをつけて馴染ませましょう。

 

■5:チークの位置は少し上に

笑ったときに一番高くなる部分を中心にチークを入れている人は多いと思いますが、実はこれ、疲れ顔を強調してしまうのです。チークは、頬骨よりもやや上に入れることで、頬の位置が上がって元気に見えるので、試してみてください。カラーは、コーラルピンクがおススメです。

 

しっかりだけど派手じゃない女子アナ風メイク。さっそくマスターして、男性ウケ抜群の顔を手に入れましょう!

 

【関連記事】

女性が憧れる顔「北川景子」風になれる真似っこメイク全プロセス

黒目強調だけではNG!美人な目には「白目」キープが重要な理由

ロンブー淳級モテ男から「結婚したい!」と思われないNGメイク

目が小さく見えるのは顔の中で一番こりやすいアノ部分のせい!?

仕事中にコッソリできる!疲れ目をパッチリ大きくするテクとは