【超速】「デコボコ脚」「くびれのないお腹」「シスレー」新●●で、集中セルライトケア!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮膚の表面がオレンジの皮のように凸凹し、蓄積がひどくなると、むくみや痛みを伴うこともある『セルライト』。「ボコボコと脂肪のかたまりが見えている脚」、「くびれの見えないお腹」……こんなボディは当然、見栄えもよくありませんよね。その、にっくきセルライトを“塗るだけでケアできる”ボディ用乳液が、『シスレー(sisley)』から発売されますよ!

“頑固なセルライトにグローバルに対応”してくれるという心強い製品、その名も、『インテンシブ ボディ グローバル』。

シスレー独自の有効成分がもたらす相乗効果を活かして、脂肪細胞の循環を正常にコントロール。新たに形成される脂肪細胞を減少させながら組織内で肥大化するのを防ぎ、水分の蓄積や、つまんだ際に生じる痛みを改善させます。

【製品のポイント】

■新たな有効成分『ロータスリーフエキス』を配合。

 

このように発表会会場でも、ロータスと一緒に新製品がディスプレイされていましたよ♪ 

『ロータスリーフエキス』は、脂肪細胞の遺伝子の発現を食い止めて、脂肪が蓄積するのを防いでくれます。また、脂肪細胞内の炎症を改善してくれるホルモン『アディポネクチン』の活性を高めて、炎症を軽くするという働きも持っています。

 

さて、ここで“セルライトの種類”について、理解を深めておきましょう!

セルライトの3つの種類

■ 1.脂肪性セルライト

脂肪が過剰に蓄積されることによって生じるセルライト。改善するには、脂肪細胞内に蓄積されている脂肪を放出させる必要があります。

■ 2.水溶性セルライト

水分が蓄積されることによって生じるセルライト。密集したコラーゲン線維によって血管が圧迫されて水分や毒素の排出が妨げられ、むくみが生じます。改善するには、血液とリンパの流れを整えて、組織内の水分・毒素を排出させる必要があります。

■ 3.線維性セルライト

神経が圧迫されるため、つまむと硬く痛みのあるセルライト。コラーゲン線維が変質・劣化し、早期の老化が生じています。改善するには、脂肪・水分・毒素の排出を促すと同時に、肌にハリを与える必要があります。

この新製品は、すでにモニターテスト(※)によって、平均して太もも周囲が0.7cm、ウエストサイズが2%サイズダウンが実証されたそう!

上述した3つのセルライトをケアしてくれる新スリミングアイテムで、今年の夏こそ、メリハリボディを目指してみませんか?

 

【製品概要/5月1日発売】

■インテンシブ ボディ グローバル(ボディ用乳液) 200ml ¥21,000(税込)

【参考】

※モニター年齢:25~54歳(セルライトのある女性)、製品使用部位:太もも部、腹部、ウエスト、ヒップ、製品試用期間:1日2回・4週間(シスレー調べ)