これはイタイ!実は「目を小さく見せてる」勘違いNGアイメイク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔の印象を左右するパーツのひとつが目元です。メイクの中でも特に女性が意識する部分でもあります。華のあるパッチリとした目元に見せるために、アイメイクに力を入れる人も少なくありません。

しかし、意外にも目を大きく見せるために施しているメイクが、実は目を小さく見せてしまっていることも! そこで今回は、やりがちだけど実は目を小さく見せてしまうアイメイクを3つご紹介します。

 

■1:囲み目アイライン

下の図のA、Bどちらが長く見えますか?

美レンジャーBの方が広がりを感じて長く見えますよね。アイラインもこの原理と同じです。目を大きくハッキリと見せたくて上下しっかりと目を囲むアイラインは、目をクッキリ見せることはできても、大きく見せることはできません。「目はここまでです」とアピールしているようなものです。

目を大きく見せたいときはアイラインは囲むのではなく、目尻から広がりを持たせる方が目自体が大きく見え、ナチュラルに見せることができます。

美レンジャー

 

■2:囲み目アイシャドウ

囲み目アイラインと同様、囲ってしまうことで目を強調することはできても、大きく見せることはできません。逆に、目のまわりを濃い色で囲うことで目を小ぶりに見せてしまいます。モード系の囲み目アイシャドウは素敵ですが、目を大きく見せたい場合はおすすめできません。

アイシャドウは囲うのではなく、目尻側に向けてやや幅を持たせてぼかすと立体感と目の大きさを演出できます。また、下まぶたも全部色をのせるのではなく、目尻から1/3の部分のみに色をのせる方が目が大きく見え、目ヂカラも出ます。

美レンジャー

 

■3:二重を塗りつぶす極太アイシャドウ

濃いアイシャドウでまぶたを塗りつぶし、目を強調している人は少なくありません。しかし、これではせっかくの二重の部分が塗りつぶされてしまい、目のパッチリ感が失われてしまいます。

また、目を伏せたときの目元が濃い色のアイシャドウで塗りつぶされていると少し残念な気分になってしまいます。二重を塗りつぶすより、二重の幅を活かす方がパッチリと大きな目に見えます。

美レンジャー

 

以上、目を小さく見せてしまうメイク方法をご紹介しました。目を大きく見せることと、目を強調することは近いようで別物です。もとの目元を活かして、より自然で魅力的に見せるアイメイクを施してみてくださいね。

 

【関連記事】

気にしてる丸顔をもっと「まんまる」に見せちゃうNGメイク4つ

男ウケ抜群な「ローラ顔」になれる真似っこメイクの全プロセス

「夕方お疲れ顔」をパッと明るくさせる魔法のメイク直し術

透明感ありすぎ!誰もがはっとする「ピュア肌メイク」のコツ3つ

肌質に合った「秋冬ファンデ」に衣替えしないとヤバいことに!?