この秋「買わないとヤバイ流行カラー」を攻略する配色ワザ3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋服を買うときに必ずチェックする項目の一つは流行色ですよね。今秋のトレンドカラー“バーガンディ”は男性にも人気のカラー。バーガンディとはワインレッドのこと。ところが実際のところ、おしゃれなのは分かるんだけれど、色の合わせ方が分からないなどの理由で、敬遠してしまっている方もいらっしゃいますよね。

そこで今回はスタイリストである筆者が、バーガンディを簡単おしゃれに着こなせる配色ワザをご紹介いたします。

 

■1:“ロイヤルブルー”で上品に

今期春夏にヒットしたブルー。秋冬も流行はまだまだ続くこのブルーに深みをもたせたロイヤルブルーと、同じく旬のバーガンディの組み合わせ。一見合わなさそうで実は相性抜群なので、ぐっとおしゃれ感がアップします。

おすすめはペンシルスカートととろみシャツの組み合わせ。上品さもプラスされて一気におしゃれ上級者になれますよ。

 

■2:“ライトグレー”で女子力アップ

1着は持っているであろう定番色的存在のライトグレーの服。この定番色と旬のバーガンディの組み合わせもグッドです。地味色同士で無難に思われがちですが、アイテム選びを間違わないことで女度を高め、大人の甘めファッションが出来上がります。

おすすめは、パフスリーブのニットとフレアスカートの組み合わせ。普通なら「若すぎない?」と思われがちなアイテム同士でも、この配色によりアイテム自体の甘さが半減して、エイジレスなファッションになれますよ。

 

■3:“カーキ”でかっこよく

やっぱりドライカラー系が好きという女性には、秋冬になると店頭でもよく見かけるカーキと旬のバーガンディの組み合わせがイチオシ。上級者テクニックである暖色と寒色の配色コーディネートが、かっこよくまとまります。

おすすめアイテムはデコルテがキレイに見えるニットと、クロップドパンツの組み合わせ。女性らしさは保ちつつ、かっこいい辛口ファッションが好きな女性にぴったりですよ。

 

いかがでしたか? 旬のバーガンディーを使いこなして、いつものおしゃれに磨きをかけてくださいね。

 

【関連記事】

スタイリストがレポート!2013年秋冬的チノパンの着こなしかた

スタイリストが伝授!お買い物下手さんが絶対失敗しない秋物購入テク3つ

老けて貧相に見えちゃう「のっぺり地味顔」が避けるべきNG服

おしゃれ上級者の着こなしに見える「パワー小物」の選び方3つ

誰でも簡単に着こなせちゃう!「柄パンツ」体型別選び方