超意外!苦くて残しちゃう「サンマのわた」に老化防止効果あり

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはサンマのわた、つまり内臓は残さず食べていますか? 取り除いてしまっている方は、もったいない! 実は、サンマのわたには驚くべきエイジングケア効果があるのです。

 

■わたにはレチノールがたっぷり

苦みがあるので取り除きがちなサンマのわたですが、中にはあのレチノールが豊富に含まれているのです。では、レチノールの効果を復習しましょう。

レチノールは、もともと体内に存在しているビタミンAの仲間。真皮のコラーゲンを増やすはたらきを持っているので、肌の弾力の低下、たるみ、シワが気になる方は、積極的に摂るべき成分。また、肌の再生や皮脂分泌をコントロールするはたらきもあるので、ニキビや吹き出物で悩む方にも欠かせません。

ビタミンAの仲間であるレチノールは、ビタミンC、Eと一緒に摂ると相互に作用しあうのでより効果的。レモンやカボス、大葉などと一緒に食べると、臭みや苦みも緩和されておいしくいただけます。また、大根おろしはビタミンCを含み、消化も助けてくれますよ。

 

■他にもサンマには栄養がいっぱい

サンマはレチノールを含むわたの部分以外にも、栄養がいっぱい! 現代人が足りていないオメガ3系の脂肪酸、DHA・EPAといった美肌や生活習慣病予防に欠かせない脂が豊富。コレステロール値が気になる方は積極的に摂りたい脂です。

サンマのうまみ成分であるタウリンやイノシン酸には、心臓や肝臓の機能を高め、代謝もよくするはたらきがあります。他にもビタミン・ミネラルが含まれているので、サンマはまさに美容食だといえるでしょう。

サンマの栄養分をしっかりいただくには、脂を落とさないことが大切。「脂がのったサンマを見分けるには“口先と体重”に注目すべし」の記事では、おいしいサンマの見分け方と脂をしっかり摂れる食べ方を紹介しています。ぜひチェックしてみてくださいね。

 

今回は、サンマの美容成分についてお伝えしました。これまでわたを残しがちだった方も、レモンなどで苦みを緩和して食べてみてくださいね。

 

【関連記事】

食べれば食べるほど「むくみがなくなる」低カロリーな食材とは?

パンケーキまでも!? 食べると恐ろしく老けちゃうNG食べ物5つ

「食後に寝ると牛になる」は嘘!実はゴロ寝が代謝にいいと判明

劇太りガガ様も-13kg痩せた!「グリーンスムージー」の最新情報

※ 食欲の秋でも太らない!食べながら痩せる究極ダイエットとは