知らないと損!実は朝スイーツがダイエットに効果的という結果が

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットを始めるとき、まずは真っ先に甘いものを控えるようにしますよね。でもそのスイーツが、実は減量をサポートするという、にわかには信じがたい驚きの力があるのです。

今回はスイーツを食べたほうが体重が減りやすい、そんな夢のようなダイエット方法をご紹介します。

 

朝スイーツはリバウンドに強く長期のダイエットに有効

イスラエルのテルアビブ大学のメンバーが行った調査で、肥満の男女を2つのグループに分け、1日の摂取カロリーを男性は1,600kcal、女性は1,400kcalと同じにしたまま、一方には低炭水化物の朝食メニュー300kcalを、もう一方にはチョコレートなどのデザートを含む高炭水化物の朝食メニュー600kcalを出し、変化を観察しました。

実験32週目までは、どちらのグループも一人あたり平均約15kg減量しましたが、実験終了後の32週目以降になると、低炭水化物の朝食を摂っていたグループは平均約10kgをリバウンドしてしまったのに対し、高炭水化物の朝食を食べていたグループは平均6.8kgもさらに減量に成功したのです。

 

朝スイーツがダイエッターを心理面からサポート

カロリーや食事の量、食べるアイテムを制限するような厳しいダイエットは、短期間なら我慢ができますが、長期となると精神的なストレスとなり、常に“満たされていない思い”に駆られてしまいます。

そんなときに「朝ならチョコレートやケーキなどのデザートを食べてもOK」とされていたら、ダイエットに対するモチベーションも長く保ち続けることができ、ダイエットにくじけてリバウンドすることも軽減されるということです。

 

朝にデザートを食べ続けても、減量した人がいる。そんな事実は、体重を少しでも落としたいと願う女性たちにとって、うれしいかぎりですね。

以前ご紹介した「痩せ習慣!朝食を大量に食べるほど肥満解消になる理由とは」の説が、朝スイーツでもあてはまったということです。ダイエット中に甘い誘惑に駆られたら、迷わず“朝スイーツ“をお試しあれ。

 

【関連記事】

痩せない原因はコレだった!超危険な「生活習慣」5つ

あなたは大丈夫!? スイーツに含まれる知られざる●●の恐怖

「食後に寝ると牛になる」は嘘!実はゴロ寝が代謝にいいと判明

「無理や我慢を最小限に!」効率的にやせる秋向けダイエット3つ

倖田來未も16キロ減量!お鍋でスルリと痩せるちょっとしたコツ5つ

 

【参考】

※ New Diet: Top Off Breakfast With — Chocolate Cake? – ScienceDaily