思わず赤面!おしゃれスウェットが超ダサくなるNG着こなし3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨シーズンから流行継続中の“スウェット”。今秋はさらに人気が加速しているトレンドアイテムのひとつですが、どうしても「ジャージだし」と、“家着”なイメージから抜け出せないという思いもあるでしょう。いまいちおしゃれに着こなせる自信がないという思いから、せっかく買ったおしゃれスウェットも、結局近所のコンビニ止まりで終わっている方も多々いらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回はスタイリストである筆者が、おしゃれスウェットのNGな着こなし方をご紹介いたします。

 

■1:スポーツスニーカーを合わせる

“おしゃれは足元から”とよく言いますよね。おしゃれスウェットコーディネートでも重要なのは、やはり足元。スウェットのカジュアルなイメージがモロに出てしまうスポーツスニーカーは、タウン使いでおしゃれにスウェットを着こなしたいなら、避けたほうがよいです。

スニーカーのようにラフかつおしゃれに足元を飾ることができるのは、“オペラシューズ”や“レースアップシューズ”。きちんと感をキープしつつ、ラフさもあるのでスウェットをキレイに着こなすためには重宝しますよ。

 

■2:パンツをそのまま履く

続いてはスウェットパンツの丈が重要です。スウェットパンツをおしゃれに履きこなしているように見せるためには、“足首”をしっかり露出させることがポイントです。

丈が長いものであればデニムを履く時のようにロールアップしたり、裾にリブ使いがあるデザインのスウェットパンツは、足首を見せるように履きましょう。たったこれだけで、こなれ感だけでなくスタイルアップの効果もあります。

 

■3:トップスもカジュアル

さて、下半身でスウェットをおしゃれに着こなせるような土台を作ったら、あとは上半身に何を着るかですよね。死守してもらいたいのは“きちんと”見える服を着ることです。

例として挙げるなら、カットソーよりもシャツ、ブルゾンよりもジャケットです。“お行儀よい”イメージの洋服をスウェットに合わせることで、スウェットコーディネートを品よく見せてくれますよ。

 

いかがでしたでしょうか。いつものパンツスタイルに飽きた方はもちろん、スウェットをぜひリアルクローズに取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

スタイリストがレポート!2013年秋冬的チノパンの着こなしかた

スタイリストが伝授!お買い物下手さんが絶対失敗しない秋物購入テク3つ

老けて貧相に見えちゃう「のっぺり地味顔」が避けるべきNG服

おしゃれ上級者の着こなしに見える「パワー小物」の選び方3つ

誰でも簡単に着こなせちゃう!「柄パンツ」体型別選び方