レモンよりも効率的にビタミンCが摂れる意外な秋の味覚とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の間にたっぷりと浴びた紫外線によるダメージが出てくるのが、これからの時期。なんとな~く肌の調子が悪い、シミが濃くなった、肌がくすんでいると感じている人は要注意! 深刻なシミやしわになってしまう前に、肌を回復させるためのケアが必要です。

美肌に欠かせない栄養素といえばビタミンC。美白成分としても広く知られているビタミンCは、美肌やアンチエイジングなど美と健康の強い味方です。そしてレモン以上に効率よくビタミンCを摂取できる、秋の味覚があります。それは“柿”です。

意外と知られていませんが、柿にはビタミンC以外にもたくさんの栄養が含まれており、美肌やアンチエイジングにとても効果がある食材です。そこで今回は、柿がもたらす素晴らしい美容効果を4つご紹介します。

 

■1:今あるシミを薄くし、シミができにくくする

ビタミンCにはシミのもととなるメラニン色素を薄くする効果と、メラニン生成を抑制する効果があると言われています。

柿200グラム(約1個分)には140mgのビタミンCが含まれています。成人の一日分のビタミンC推奨摂取量が100mgなので、柿を一個食べるだけで一日分のビタミンCを摂取することができます。レモンだと皮ごと一個食べる必要がありますが、柿は剥いて食べるだけで手軽においしく食べられます。

 

■2:コラーゲン生成を促進する

紫外線はシミだけでなく、シワやたるみも引き起こしてしまいます。夏の終わりの今、しっかりとダメージを回復させる必要があります。

柿にたっぷり含まれるビタミンCは、肌の弾力やハリのもととなるコラーゲンやエラスチンを生成する繊維芽細胞の働きを促進させる働きがあります。柿を食べることでシワやたるみの予防にもつながります。

 

■3:むくみをすっきり解消する

柿に豊富に含まれるカリウムは、体内の余分な塩分を外に排出する効果があります。むくみを放っておくと、溜まった老廃物と合体して脂肪になってしまうので、余分な水分はしっかり排出する必要があります。

カリウムは熱を加えると壊れてしまうので、柿のように生で食べられる食材から摂取することがおすすめです。

 

■4:アンチエイジング効果

紫外線、ストレスなどの影響で体内の酸素が活性酸素に変化し、細胞の老化を促進させてしまいます。シミ、シワ、たるみの原因のひとつも活性酸素だと言われています。

柿に多く含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり、アンチエイジングに効果的です。ポリフェノールといえばぶどうを想像する人も多いかと思いますが、柿のポリフェノールの量はぶどうの5倍にもあたると言われています。意外と知られていないアンチエイジングの食材こそが柿だったんですね。

 

以上、柿がもたらす素晴らしい美容効果をご紹介しました。秋が旬な柿はこれからたくさんスーパーに並びます。朝ごはんや食後のデザートに一日一個食べてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

たった半分食べるだけで「カサカサ乾燥肌を撃退」できる魔法の食材

あの甘~い秋の味覚に「アンチエイジング効果」があると判明!

甘くてシャリシャリするあの果物が夏の疲れに効く理由とは?

これを食べれば必ず肌は守られる!「最強のシワ対策食材」4つ

お悩み別に使い分け!グリーンスムージーのベスト食材6つ