ぽっちゃり女性よ注意!飲酒なしでも肝硬変になる「NASH」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“沈黙の臓器”との異名をもつ肝臓は、症状が出始めてからでは対処しても治るのに時間がかかることから、そう呼ばれるようになりました。

肝臓の問題はたいていアルコールが関わっていると思われがちですが、ここにきて飲酒をしない女性が肝硬変になるパターンが増えているといいます。それは一体なぜなのでしょうか!?

 

■あなたはNASH!? 今すぐ簡単診断

肝脂肪から肝炎に発展してしまうのがNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)です。これにかかると、肝臓に頻繁に炎症が起こり、肝臓の繊維化を招きます。

そのまま繊維化が進むのを放って置くと肝硬変に移行し、最終的には肝癌まで進行します。正常な肝臓からインスリン抵抗性が落ち、脂肪肝になったところで、酸化ストレスが加わることでNASHを発症するといわれており、肥満傾向にある女性や血糖値が高い人に多く見られるのが特徴です。

自分の体型サイズを、ウエストcm÷ヒップcm=○○の計算式に当てはめてみてください。その比率が0.8以上で、血糖値が高く肥満の女性はNASHの予備軍かもしれません。

 

■原因はズバリ食生活にあった

NASH患者の75%は肥満なことがわかっています。今NASHにかかっているとしても、始めはほとんど症状がありません。しかし病気が進行するとむくみ・黄疸・腹水・静脈瘤などの肝炎の症状が現れてくるのです。

症状が現れる前に甘いものと油物をやめて、タンパク質とビタミンを十分に摂って適度な運動をすることが最大の予防法だといわれています。

どれもぽっちゃり女性には耳が痛い単語かもしれませんが、たとえNASHになってしまっていたとしても、脂肪肝を招いた原因を解消することで治る見込みがあります。

 

■過激なダイエットも原因になる

無理なダイエットをして血液中の脂肪が減ると、皮下脂肪から脂肪が放出されます。エネルギーとして使われなかったそれらの脂肪は、肝臓で中性脂肪に合成され、タンパク質と結合して肝臓から排出されます。

しかし過激なダイエット中で十分なタンパク質が摂れていないと、中性脂肪は肝臓から出て行くことが出来ず溜まってしまうため、脂肪肝の原因になることがあるのです。

 

肝臓は内蔵の中でもっとも大きな臓器です。健康な体をつくるためにさまざまな働きをしています。解毒作用からエネルギー源、代謝をつかさどる大切な器官。日頃から食生活に気をつけて、いたわってあげてくださいね。

 

【関連記事】

新・美人の定義「愛されぽっちゃりさん」がやりがちなNG行動

白髪よ…さようなら!毎日続けられるたった3つの予防習慣とは

この秋こそランニングを習慣にしたい人に送るお勧め作戦とは?

外国人が感心したり不思議に思う日本人の生活習慣の美意識とは?

劇太りガガ様も-13kgやせた!「グリーンスムージー」の最新事情