マラソン女子が急増中! 人気のランニングを楽しむコツ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末、27日に『東京マラソン 2011』が開催されますね。読者の方にも「走ります」という方がいらっしゃるのでは? 注目は、「走りたい!」という女性の比率が年々増えていること!  2007年~2011年の4年間の『東京マラソン』への応募状況で、女性の比率が毎年上がっているのがうかがえます。(※1)

『美ジョガー』、『女子ラン』『女子マラソン部』etc……。これらの言葉も女性誌や情報サイトで一般化して、ここ数年で急激にランニングブームが到来。

そこで、周囲の走っている女子に「どうして走るの?」と問いかけてみました。多かったのは、「簡単にできる」、「お金がかからない」、「自分のペースでできる」という意見。

確かに「ダイエットしたい」、「体力づくりをしたい」と思っていても、お金のかかるジムや時間の決まっている習い事などは、なかなか続けることが難しいもの。走ることなら、自分の好きな時間に周りのペースを気にせずできるので、続けやすいんですね。また、忙しい女性の「移動手段に走れば、運動するための時間を作っているという意識もないし、交通費も節約できて、一石二鳥。」という意見もありました。

 

というわけで、ランタイムを快適にするために、『OZmall』の『ランニング/初心者女子のトレーニング』(※2)から、基本フォームのポイントをピックアップしてみました!

1.重心を高めに持つ

背筋を伸ばし、100mぐらい先を見て走ろう。おへそが上下しないよう、できるだけ水平に足を運ぶことが大切。

2. 腕でリズムを取る

腕は、走るリズムに合わせて軽く振って。肩、ひじ、手首の力を抜き、手は卵を包むように優しく握って。

3. スライド(歩幅)は短めに

歩幅が短いと上体がぶれにくい。足の親指の付け根が地面に落ちたときに、ひざ、腰骨が直線を描けば、完璧。

走ることを日課にするのは、健康美をつくるためにも好ましい習慣。みなさんのおすすめランニングコースも、是非教えてくださいね!

 

【参考】

※1. 東京マラソン2011ランナー参加者申込み状況(東京都 マラソン財団 報道発表資料 【2010年9月掲載】 )

※2. 『ランニング/初心者女子のトレーニング』(OZmall)