「水着のあと」がなかなか消えない!日焼け跡が残るNG習慣4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日焼け止めをしっかり塗ったつもりでも、海で一日遊んだ後は背中やヒップにくっきりと水着のあとができてしまったという人も多いかと思います。

通常なら冬になるにつれて少しずつ薄くなり、翌年にはもうすっかり消えているはずです。しかし、半年経っても水着のあとがまだ消えない……という人は要注意! 肌の新陳代謝(ターンオーバー)がしっかりされていない証拠です。

通常は28日周期で肌は生まれ変わるので、それとともに水着のあとも薄くなっていくはずですが、不規則な生活習慣、ストレス、加齢によって新陳代謝のリズムが崩れてしまいます。新陳代謝が正常に行われないと、一年経っても去年の水着のあとが残っている、なんてことも起こりえます。

そこで今回は、新陳代謝のリズムが乱れてしまうNG習慣を4つご紹介します。

 

■1:お風呂はシャワーですませる

血行を促進することで代謝促進につながります。シャワーだけではなく、毎日湯船でしっかりと温まる習慣をつけることで新陳代謝が高まります。また、全身の血行がよくなることで冷えの解消や、肌の透明感にもつながります。

夏の疲労回復にもつながるので、湯船にゆっくりつかる習慣をつけたいですね。

 

■2:毎晩の夜更かし

深夜番組を見続けたり、パソコンや携帯でSNSを見ていたらいつの間にか夜中……という人もいるかと思います。しかし、この習慣が新陳代謝の低下につながっています。

夜の22時~午前2時はお肌のゴールデンタイムと言われるように、美肌ホルモンが分泌され、肌の新陳代謝も効率よく行われる時間帯です。寝不足はクマをはじめとした肌トラブルも引き起こすので、しっかりと睡眠を取るようにしたいですね。

 

■3:コンビニ飯の頻度が高い

コンビニでパスタや揚げ物中心のお弁当に食事が偏ると、ビタミン不足に陥りがちです。ビタミンが不足すると正常な細胞が作られなくなってしまうので、日々の食事でしっかり取り入れる必要があります。

ビタミンCを多く含むレモンや赤ピーマン、小松菜、ビタミンB2を多く含むレバーや焼き海苔などがお勧めです。また、新陳代謝のリズムを整えるビタミンEを多く含むアボカドやかぼちゃ、アスパラやアーモンドを食生活に取り入れると効果的です。

 

■4:ボディの乾燥はほったらかし

顔の乾燥は気になっていても、ボディの乾燥はそこまで気にしないという人は注意が必要です。肌が乾燥すると、乾燥から守るためにまだ完璧にできていない細胞がどんどん代謝され、正常な細胞が正しい周期で代謝されなくなってしまいます。

ボディも顔同様、乾燥が気になったらボディローションやミルクなどで保湿してあげると、新陳代謝が正常に行われるようになります。

 

以上、新陳代謝のリズムが乱れてしまうNG習慣を4つご紹介しました。水着のあとが残るだけでなく、くすみ、乾燥にもつながってしまうので、普段の習慣を見直してみてくださいね。

 

【関連記事】

今すぐやめて!ドス黒~く「唇がくすんじゃう」NG習慣4つ

知らないと手遅れになる!「白髪がどんどん増える」NG習慣5つ

夜寝る前の「食べ過ぎスパイラル」から抜け出せないNG習慣8個

「働く女性」が一気に老ける!オフィスで禁断のNG習慣7つ

今すぐやめて!一瞬で「老け顔」になっちゃうNG習慣4つ