見た目年齢がUP…マリオネットラインを加速させるNGなクセ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鼻の横から下にのびるほうれい線。さらに、口の横から顎に向かって下にのびるマリオネットライン。この二つのラインを合わせて”二重ほうれい線”といいます。二重ほうれい線があると、顔のたるみが顕著になって見た目年齢がグンと上がってしまいます。

「ほうれい線は気にしているけれど、マリオネットラインのことは知らなかった」という人は意外と多いのではないかと思いますが、生活習慣や何気なくやってしまうクセが原因となって、近頃は30代でもマリオネットラインができてしまう人が増えてきているのです。

そこで今回は、マリオネットラインができてしまうNGなクセについてお話していきたいと思います。

 

■マリオネットラインは何故できる?

マリオネットラインができてしまう原因は、顔の筋肉や代謝の衰え、弾力の低下だけではなく、日常生活のなかでやりがちなクセも大きく影響しています。みなさんには、下記のようなクセがないかチェックしてみてください。

(1)気が付くと口角が下がって、への字口になっている。

(2)あまり笑わない。

(3)噛み合わせが悪く、片方の歯ばかりで噛んでいる。あまり噛まずに飲み込んでしまう。

(4)首が前のめりになっている。

当てはまるものがあった人は、今すぐにできるエクササイズやマッサージを取り入れて、マリオネットラインがくっきり現れるのを防ぎましょう。

 

■マリオネットラインをなくすテクニック3つ

マリオネットラインを薄くするためには、表情筋を鍛えたり、余分な水分や老廃物を流すマッサージをするのが効果的。さっそくやってみましょう!

(1)乳液やクリームを塗った後、人差し指を鍵型にして、マリオネットラインの始点から耳下腺、鎖骨に向かって左右各5回ずつ老廃物を流しましょう。

(2)右頬に空気をたくさん入れて膨らませ、その空気を顎、左頬、鼻の下と移動させます。この時、空気がもれないように、しっかりと口を閉じるようにしましょう。5周したら、頬を思い切りすぼめて5秒間キープしてください。

(3)口を閉じたまま、歯の表面に沿ってベロをグルグルと回す”ベロ回し体操”を左右各20回ずつ行いましょう。

 

ほうれい線からつながるマリオネットラインは、顔がふっくらとした人だけに現れやすいように思えますが、痩せてほっそりとしている人にも現れます。マリオネットラインに悩まされることがない若々しい口元をキープしたい人は、上記のエクササイズを積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

ほうれい線に!「ベロ回し体操」で得られる嬉しい効果5つ

気になる「表情じわ」を魅力的に見せる手っ取り早いコツ

驚くほど簡単!手っ取り早く「若返れるテクニック」5つ

エステティシャンが切望!口元ケアで一番始めにやってほしいこと

原幹恵もやっている!ぽってり唇になれる「シンプル」テク