大半の女性が悩む「デリケートゾーンのかゆみ」を解消する方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い気温で汗をかくと、脇とともに気になってしまうのがデリケートゾーン。この頃汗によるムレでデリケートゾーンのかゆみが発生したなんて事はありませんか? 

実際、『薬事法ドットコム』がデリケートゾーンに悩みのある女性300人を対象に行ったアンケートでは、デリケートゾーンの悩みとしてかゆみがトップの62%という結果になりました。

今回はそんな大半の方が悩んでいるという、デリケートゾーンの悩み解消法をお伝えします。

 

■デリケートゾーンがかゆくなる原因は?

デリケートゾーンは、その名がつけられた通り、とてもデリケートで敏感な場所。そのためかゆみは下着やナプキンなど、実際にその部位に直接触れるものが原因で起きることが多いと言われています。下着そのものを変えていなくても、下着を洗う洗剤を変えただけでもかゆみの原因になってしまうことも。

また使用したトイレットペーパーや、さらにはストレスなど小さなあらゆる事柄も原因になり得るのです。

 

■デリケートゾーンのかゆみ対処法

デリケードゾーンにかゆみが出た場合は、以下を試してみましょう。

(1)ナプキン使用時にかゆみが生じる場合、そのナプキンの使用をすぐ止める。タンポンや布ナプキンにするなどいろいろな種類を試してみる。

(2)下着を変えてみる。合成繊維のものから、コットン100%のものに。

(3)汗などで洋服が濡れた場合は、すぐに着替えるようにする。

(4)身体を洗うボディソープなどでデリケートゾーンは洗わない。洗う場合は無香料のシンプルな石けん、またはデリケートゾーン専用の物を使用する。

(5)着色や香料のついたトイレットペーパーの使用はやめる。

(6)入浴剤の使用を止める。

やはり上記のようにデリケートゾーンに香料や着色料などをつけることなく、常に清潔に保っておくというのがかゆみから守る秘訣ですね。また、生きたビフィズス菌が含まれたヨーグルトを摂るのも効果的といわれています。

 

いかがでしたか? 上記で改善できず、我慢できない場合は恥ずかしがらずにきちんと婦人科に行くことも大事です。人に言えないからといって我慢するのではなく、出来る限り対処して悩みを減らしていきましょう。

 

【関連記事】

ショック!彼が冷たくなったのは「女性の●●」に原因があるのかも

悪夢!加齢臭は恥ずかしいところからも発生してしまう

油断するとヤバイ「アソコの黒ずみ」を食い止める方法4つ

毛がボーボー!世界がドン引きする日本人女性のアソコ事情

ナプキン選びで大違い!? 意外と知らない生理時の肌悩み実態

 

【参考】

デリケートゾーンのケアに関する調査 – 薬事法ドットコム