効果が出ないことも!セレブのダイエット法を真似する時の注意点

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタイル抜群のセレブが行っているダイエット法。「彼女達のスタイルになれるなら」と、つい真似してみたくなりますよね。確かに、海外セレブ達はそのダイエット法で痩せたかもしれません。

しかし、果たしてそのダイエット法をそのまま真似して同じように痩せるのでしょうか? 今回は、せっかく真似しても効果が出にくいダイエット法の注意点をご紹介したいと思います。

 

■ドライブラッシングの注意点

以前「美脚セレブがハマってる“ドライブラッシング”のスゴい効果」でご紹介したドライブラッシング。ヴィクトリアズ・シークレットのモデル間で流行っていると注目のボディケア法です。ドライブラッシング時に使うブラシは、欧米では“植物性”の毛先が良いとしています。

しかし、欧米人より肌が弱いとされている日本人は、植物性だと硬過ぎて肌が無駄に傷つくことも。肌に合わせて、動物性のものを使っても同じような効果は期待できます。また、重要なのはちゃんと“ドライ”の状態でかけることなので、体を洗浄するブラシとドライブラッシング用のブラシは分けましょう。

 

■エプソムソルト使用時の注意点

翌日には2キロ減!米セレブが勝負前に必ず行う入浴法とは」で紹介したエプソムソルトはデトックス効果の高さに海外セレブ達も魅了されているようです。

しかし、デトックス効果が高く血行が良くなり過ぎるため、エプソムソルトを入れて20分以上入浴すると、逆に疲れ過ぎてしまいます。また、その威力ゆえに心臓病、糖尿病、高血圧など血行がよくなり過ぎることが体に負担の人は、使用を避けましょう。

 

■アルカリ性ダイエットの注意点

海外セレブが大ハマり!話題沸騰中“アルカリ性ダイエット”とは」では、題名の通り、酸性に傾きがちな体内をアルカリ性へと導いてくれるアルカリ性食品を摂ることで、疲れた内臓の負担を取り除き痩せやすい体質にしていくダイエット法でした。

しかし、避けるべき食べ物として、筋肉の材料にもなる高タンパク食品も含まれます。もともと筋肉量の少ない、とくに女性はこのダイエットから始めてしまうと、脂肪が燃えにくい体質へと変わってしまう恐れもあります。

 

肌質、体調によっては、ダイエットしたことで効果がマイナスになってしまうこともあります。セレブのダイエットを真似するときは、自分の体に合っているかを確認してからにしましょう。

 

【関連記事】

セレブも夢中!短期間で緊急に痩せる「クレンズダイエット」

セレブも実践!胸はそのまま「痩せたいとこだけ痩せる」ダイエット