パックのしすぎはNG!専門医が語る毛穴が目立たなくなる方法6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皮脂の多い今の時期、鼻の上のポツポツとした毛穴の黒ずみが気になって、毎日パックをしたり、ゴシゴシと洗いすぎていませんか。美容皮膚科医の廣瀬嘉恵先生によると、そういった行為はNG。肌に負担をかけ余計に毛穴を目立たせてしまいます。

それでは、これまで2万人以上の女性を美肌に導いてきた廣瀬先生に、気になる毛穴ケアのコツを教えてもらいましょう。

 

■1:いちご毛穴には酵素洗顔料

皮脂が多い人や若い人に多い、いわゆる“いちご毛穴”。このような黒い角栓がつまっている人には、たんぱく質を分解してくれる酵素系の洗顔料がおすすめ。余分な角質を落としてくれるので、毛穴をスッキリさせることができます。

 

■2:パックのしすぎに要注意

毛穴対策のパックは肌に負担になるものが多いのが現状。パックをしすぎると角質層を傷めてしまう恐れがあります。パックは月2回までに。パックの後は保湿を忘れずに。

 

■3:たるみ毛穴にはコラーゲン

30代以降には皮膚のたるみによって毛穴が目立ってくることがあります。これには皮膚のコラーゲンを増やすことが大切。

ビタミンAの一種であるレチノールを配合したスキンケアは、真皮のコラーゲンの再生を促す作用があるのでおすすめ。またビタミンCもコラーゲンを増加させる作用や、皮脂を抑制する作用があります。肌への浸透性を高めたビタミンC誘導体を配合したスキンケアは、“たるみ毛穴”だけでなくシミのケアにも効果的です。

コラーゲンが配合された化粧品を使っても、コラーゲンがそのまま真皮のコラーゲンになることはないのでご注意を。

 

■4:コラーゲン増加には大豆食品

体内からコラーゲンを増やすには、女性ホルモンのエストロゲンに似たイソフラボンが多く含まれる大豆食品を摂るようにしましょう。

ちなみにコラーゲンを口から摂取しても、そのまま皮膚のコラーゲンになるわけではありません。

 

■5:毛穴+テカリには

毛穴が目立つ人の中にはテカリも気になる人がいます。

テカリと毛穴が気になる人は、基礎化粧品をつけたがらない傾向にあります。皮脂が多くても乾燥はするので、保湿をしっかりと行なうことでテカリと毛穴が目立たなくなっていきます。

こういうタイプの人は、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が入ったスキンケアを選びましょう。 

 

■6:クレンジング

クレンジングもパックと同様洗いすぎてはいけません。洗い流す時もお湯が熱すぎると、コラーゲンを傷めてしまうので、体温を同じくらいの36℃ほどのぬるま湯で落とします。多少ぬるっとした感触が残っていても、メイク汚れをすべてクレンジングで落としてしまおうとせず、洗顔料とのW洗顔で最終的に汚れが落ちていればOKと考えましょう。

小鼻のくぼみや頬の毛穴が目立つからといって、指でゴシゴシこするのは禁物。毛穴の中がキレイになるわけではなく、むしろ“たるみ毛穴”の原因になってしまいます。

 

ちなみに、「基本的に毛穴は穴なので、何も詰まっていなくても黒っぽく見えます。何も詰まっていないのに、“汚れで黒ずんでいる”と勘違いして強くこすったりしてはいけません」とのこと。

このように毛穴が目立つ原因はさまざま。それによって効果的な処置が違ってきます。何が原因で毛穴が開いているか見極めることが大切ですね。

 

【関連記事】

※ 紫外線だけじゃない!日常生活に潜むシミの恐ろしい原因5つ

※ 危険だからやめて!女性の体をボロボロにするNG習慣10個【前編】

※ 香水はNG?男性が求める理想的な「女性の香り」が判明

※ 紫外線は脳に影響?知らないと危険な「日焼け中毒」とは

※ これは驚き…医薬品よりハーブティーが肌の「糖化」防ぐ!

 

【参考】

廣瀬嘉恵(2013)『「若いね」といわれる美肌づくり』(角川フォレスタ