本質的に太らない体質になる!本気の「10日間集中ダイエット」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

集中的にダイエットしたい時に2~3日かけてプチ断食をしたりしますが、実際は10日くらいをダイエット期間だと思ったほうが良い結果が出ます。 

食事のカロリーを一時的に低くすると、吸収率が高まって逆に太ってしまうこともあるからです。プチ断食を始める前の体調作りや、プチ断食後にどのような食べ物を摂取するかがポイントになってくるのです。 

ヘルスニュースサイト『Onlymyhealth』で紹介されているのは10日間で健康的にダイエットできる方法。そしてさらに、この10日間ダイエットを始めるには、加えて以下のような“下準備”を10日間しっかりと行うことが必要です。

 

■ダイエットを始める前に

(1)できるだけ階段を使う 

(2)水分を摂取する 

(3)フルーツと野菜を摂る

(4)新鮮なフルーツジュースを飲む 

(5)低脂肪の食べ物を摂る 

(6)肉よりも魚を選ぶ 

さらに毎日、早起きして15分ほど散歩をしたり、昼食・夕食の後にウォーキングをするなど、軽い運動をすると効果的。また睡眠も大事。遅くまで起きていないで、最低8時間は睡眠を取りましょう。寝る2時間前には食事をしないようにします。

 

■計画的にすっきり痩せる10日間ダイエット 

【1日目:フルーツだけの日】 

レモンやオレンジなど、 抗酸化作用の高いフルーツを食べましょう。スムージーや低脂肪ヨーグルト・豆乳と一緒に食べるのもいいでしょう。バナナやリンゴのスムージーは空腹感を減少させます。 

【2日目・3日目:野菜を食べる】 

ブロッコリーやホウレンソウ、ナスなどは健康的に痩せられる野菜です。それにトマトやキュウリ、葉野菜、ピーマンなども積極的に摂っていきます。 

【4日目・5日目:全粒粉のパンや玄米を添えて】

野菜の食事に朝夕1杯ずつのミルクや豆乳、お豆腐を追加しましょう。おやつとして全粒粉のパンや玄米などを加えていきます。

【6日目・7日目:皿いっぱいの健康的な食事】 

野菜と一緒に低脂肪ヨーグルトや卵、豆、朝夕250グラムずつのパスタに、トマトソースや野菜ジュースを混ぜて食べましょう。大麦やラズベリー、洋ナシ、全粒粉のパスタなどは空腹感を抑えるおやつです。 

【8日目・9日目・10日目:軽く食べる】 

夕飯には野菜スープと魚2切れを食べましょう。うち1切れは低脂肪のものを選びましょう。

 

これらの食事に、酵素ドリンクや青汁などを足すと空腹感を感じずにすみます。このような方法なら、ダイエット後に急激にリバウンドしてしまうこともありません。無理をせず余裕のある時にダイエットに取り入れてみましょう。 

 

【関連記事】

やっぱり「骨盤」だった!ママになっても太りにくい人の共通点

これなら簡単!食事制限なしで楽に痩せられる方法24個【1/4】

これで楽痩せ!脂肪を燃焼する「スーパーフード」27個【1/3】

あなたのダイエットが上手くいかない「本当の理由」7つ【前編】

信じられないほどダイエット効果が倍増する必殺技10個【前編】

 

【参考】

How to lose weight in 10 Days – Onlymyhealth