気にしてる丸顔をもっと「まんまる」に見せちゃうNGメイク4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丸、面長、逆三角、ホームベースなど、顔の形は大きくいくつかに分類されます。そしてそれぞれに魅力的なチャームポイントがあります。愛らしいふっくらした輪郭がトレードマークの丸顔さんには、親しみやすさや可憐さがあります。

しかし丸顔さんの中には、そのふっくらした輪郭が悩み……とコンプレックスを抱いてしまう人もいます。メイクや髪型で、少しでもシャープに見せようと工夫している人も少なくありません。

そこで今回は、輪郭をシャープに見せたいときにやってはいけないNGメイクと、各パーツのポイントをご紹介します。

 

■輪郭の印象を左右するメイクの法則

まず最初に意識したい基本法則は以下の二点です。

(1)輪郭をふっくら見せたいときは、各パーツを内側寄りに描く

(2)シャープに見せたいときは、外側へ広がりをもたせるように描く

各パーツを顔の内側に寄せて描くことで、目・口・頬などの外側の余白部分の面積が大きくなり、顔がふっくらとして見えます。逆に、外側への広がりを意識することで余白の面積が少なくなり、シャープに見えます。

輪郭をシャープに見せたい人はこの法則を意識して、各パーツのNGメイクとポイントを見ていきましょう。

 

■シャープな輪郭を目指すときのNGメイク

(1)短め眉毛

短めに描くと眉毛とこめかみまでの余白が広くなり、より輪郭の丸さを強調してしまいます。不自然にならない程度に、やや長めに描くと小顔効果にもつながります。

(2)囲み目メイク

囲み目メイクは、目を強調することはできても、目を大きく見せる効果はありません。かえって目をコンパクトに見せるので、より輪郭の丸さが目立ちます。上まぶたのアイラインは目尻から外に逃がして描くことで広がりが出て、目も大きく見えます。

(3)頬の中心のまんまるチーク

流行のまんまるチークはキュートな印象に仕上がる代わりに、顔の丸みを際立たせます。チークは顔の中心寄りに入れるのではなく、頬の高いところからやや斜めに入れるとふっくらした頬がシャープに見えます。

(4)ファンデーションをフェイスラインまで塗りこむ

明るい肌色は膨張色なので、フェイスラインぎりぎりまでファンデーションをこってりつけると、輪郭の丸みを強調してしまいます。フェイスラインはパフに余ったファンデーションをのばす程度にしておくと、シェーディング効果や立体感が出るので、あごや頬が引き締まって見えます。

美レンジャー

 

以上、丸顔をさらに丸く見せてしまうメイクと、シャープに見せるポイントをご紹介しました。しかし、丸顔にはふんわりとやさしい印象があり、それはとても素敵なチャームポイントです。ファッションやシチュエーションによって、顔のふんわり感を活かしたり、シャープに見せたり、印象の使い分けができるとお洒落をより楽しめそうですね!

 

【関連記事】

透明感ありすぎ!誰もがはっとする「ピュア肌メイク」のコツ3つ

「ペンシルvs.リキッド」愛され顔になれるアイライナーはどっち?

男ウケ抜群!まわりの女に絶対負けない「夏モテメイクテク」3つ

なりたい自分に!超簡単「眉毛メイク術」で印象を自由自在に

念入りメイクなのに「残念な女子」に見えちゃうNGポイント4つ