厚塗りオバさんメイクは絶対NG!真夏のメイク直しのコツ3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎朝、完璧にメイクを施しても、この暑さでお昼から夕方になっていくと、どんどんメイクが崩れてしまい朝の仕上がりとは程遠い状況になっていることありませんでしょうか? 

ついついメイク直しをするときに、パウダーファンデーションを崩れた状態の上からのせてしまったり……なんてことしてませんよね? そんなことしてしまうと、ただの厚化粧な女性になってしまいますよ。そこで、この夏すぐに取り入れられるメイク直し法をご紹介します。

 

1:極力ファンデーションをのせない

メイクをする前のスキンケアのやり方次第で、ファンデーションの崩れ方が左右されます。肌の上に厚いファンデーションをのせて、自分の皮脂と混ざって浮いて崩れるのは当たり前。しっかり化粧水を与えてあげて、水分力をアップさせましょう。毛穴や皮脂崩れが気になる方は、収れんタイプの化粧水を使用するのもオススメです。そうすることで皮脂が出るのを抑えられるので、崩れにくくなるのです。

また、暑い中毛穴が開いた状態でメイクをするよりも、冷房の効いた部屋でメイクをすることで、メイク崩れが防止されます。

 

2:崩れた部分は潔く取る

崩れた部分をきれいにしようと、どんなに上からファンデーションを重ねても、ベースの部分が崩れていればすぐによれてしまう原因になりますし、見た目も厚塗りになってしまいきれいではありません。こういう場合は、潔く崩れた部分を取りましょう。

化粧水とクリームを兼ね備えた乳液を小分けにして持ち歩いておくと便利です。崩れた部分に、その乳液をなじませ湿らせたティッシュで拭うと、メイクが取れるだけではなく、水分と油分を補給してくれるのです。その後、気になる部分に薄くファンデーションをのせるだけで十分です。

 

3:ポイントメイクで差を出す

くすみがちな夕方の顔に、黒のアイラインを足したり、シェーディングを入れるなんてもってのほか。出来る限り透明感をアップさせるために、ハイライトを駆使したり明るめのアイシャドウをのせましょう。アイラインはホワイトやパールものでキラキラ感をあげましょう。

明るめでツヤのある口紅も、くすみ防止効果が高いので、オススメです。

 

一日中、透明感のある爽やかな顔でいられるように美しいメイク直しを行いましょうね。

 

【関連記事】

男ウケ抜群!まわりの女に絶対負けない「夏モテメイクテク」3つ

「ペンシルvs.リキッド」愛され顔になれるアイライナーはどっち?

※ 「夕方お疲れ顔」をパッと明るくさせる魔法のメイク直し術

※ 「メイクがぐちゃぐちゃ!」になる前にやるべき崩れ対策3つ

※ 涙袋コスメ徹底比較!「ペンシルvs.陰影タイプvs.テープタイプ