たった半分食べるだけで「カサカサ乾燥肌を撃退」できる魔法の食材

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多くの女性を悩ませる肌の乾燥。肌がカサカサするとメイクのりが悪くなり、気持ちも沈んでしまいますよね。さらに、乾燥は放っておくとシワやたるみにもつながってしまいます。

冬だけでなく、夏も長時間エアコンの下にいることで肌が乾燥します。朝のスキンケアでたっぷり保湿しても、夕方には肌が乾燥している……ということもあるかと思います。

そこで意識したいのが体の内側からの乾燥対策! うるおい肌をキープするために日々の食生活に取り入れたい食材があります。それは“アボカド”です。なんと、一日たった半分食べるだけで乾燥対策に効果があると言われています。

そこで今回は、肌の乾燥を防ぐアボカドの素晴らしい効果を3つご紹介します。

 

■1:お肌のうるおいを守るセラミドを作る

角質層で肌のうるおいを守る働きをしてくれるのが、細胞間脂質と呼ばれる成分です。そしてその細胞間脂質の主成分がセラミドです。セラミドは外部刺激から肌を守るバリアのような役割もあり、肌にとってはとても重要な成分のひとつです。

しかし、セラミドは加齢や肌の新陳代謝が乱れることで減少してしまいます。セラミドが減少すると肌がうるおいを保てなくなり、乾燥しやすくなってしまいます。

アボカドに含まれるリノール酸は、セラミドを作って肌のうるおいを守ってくれます。そして、なんとアボカド半分で一日に必要な所要量を十分に摂ることができ、肌の内側からのうるおい対策になります。

 

■2:セラミドの減少を防ぐ

セラミドが減少してしまう大きな理由として、肌の新陳代謝の乱れがあげられます。新陳代謝のリズムが乱れる原因は、冷え、睡眠不足、ストレスなどさまざまですが、夏は紫外線の影響も大きいので特に注意が必要です。

乾燥知らずのるうるおい肌を保つには、新陳代謝が正常に行われることが大切。アボカドに含まれるビタミンEには、血行を促進して新陳代謝を促す働きがあるので、新陳代謝の乱れによるセラミドの減少を防ぐことができます。アボカドにはセラミドの減少を防ぎ、セラミドを作ってくれる嬉しい効果があるのです。

 

■3:皮脂を正常に分泌する

セラミドと同じく、肌のうるおいを守る役割をしてくれているのが皮脂です。肌表面に皮脂が膜を作ることで水分の蒸発を防いでいます。しかし、新陳代謝が乱れると皮脂の分泌が正常に行われなくなってしまいます。

アボカドに含まれるビタミンEには新陳代謝のリズムを整える働きがあるので、皮脂が正常に分泌され、皮脂膜が肌の水分を守ってくれます。また、ビタミンEには抗酸化作用があることから、紫外線などによる皮脂の酸化を防いでくれる嬉しい効果もあります。

 

以上、肌の乾燥を防ぐアボカドの素晴らしい効果を3つご紹介しました。一日半分食べるだけで効果があるので、サラダはもちろん、スムージーなどでおいしく効率よく取り入れたいですね。

 

【関連記事】

乾燥肌は水分不足が原因じゃなかった!冬に大活躍のビタミンEのスゴ技とは?

お悩み別に使い分け!グリーンスムージーのベスト食材6つ

あなたの「女性ホルモン」をドバドバ分泌させる5つの食材

これを食べれば必ず肌は守られる!「最強のシワ対策食材」4つ

美人キャビンアテンダントがこっそり食べている美肌食5つ