運動もせず今すぐ3キロやせた?と思わせる最強着やせテク10個

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏はボディラインが露わになる季節。大丈夫だと思っていたのに、写真や動画に写った自分の姿が想像をはるかに超えるボリュームで、「ヤバイ」「太い」などと驚愕した経験はありませんか?

今、「夏の間にダイエットが間に合わなかったからもういいや」と諦めかけたそこのあなた! 今回は、今すぐできる-3キロ着やせテクをご紹介しますので、夏が終わる前に試してみてください。

 

■1:全身黒は逆効果

黒や暗めの色には引き締め効果がありますが、だからといって全身黒ではどこを引き締めたいのか分からず逆効果。上半身か下半身のどちらか気になる方に、取り入れる程度にしましょう。

 

■2:ゆったりコーデはどちらかだけに

二の腕やお腹周り、太ももなどを隠したいからと、ゆったりしたファッションをするのはいいのですが、上半身、下半身の両方に取り入れると実際よりもおデブに見えてしまいます。どちらかはスッキリしたタイトめのものを選ぶようにしましょう。

 

■3:首回りは隠さずVネック

Vネックのように首や鎖骨を露出させたトップスの方が、顔回りがスッキリとして見えます。

 

■4:ボーダーよりストライプ

近年流行しているボーダー柄の洋服は、横のラインが強調されるので、体が膨張して見えてしまいます。反対に、ストライプ柄は縦のラインを強調してスッキリと見せてくれるので、柄物を購入するときはストライプを選ぶのがオススメです。

 

■5:ストールは巻かずに垂らす

ストールを首から垂らすだけで、縦のラインが抜群に強調されシャープに見えます。

 

■6:ブラジャーのサイズは的確に

小さいサイズのブラジャーを着けていると、背中や脇の下にハミ肉ができてしまいます。すると、本当は太っていないのにおばさん体型に見られて損をすることに。ブラジャーは、自分にあったサイズのものを着けるようにしましょう。

 

■7:二の腕は細いところまで隠さない

長めのパフスリーブやフレアスリーブで、二の腕の細くなるところまで隠すと、腕やせ効果が得られます。中途半端に太い部分を出してしまうと逆効果なので、気を付けましょう。

 

■8:くびれは自分で作る

ワンピースやスカートを履くときは太めのベルトでウエストマークをすると、華奢でくびれたウエストを演出することができます。

 

■9:華奢なパーツは隠さない

手首や足首などの細くて華奢なパーツは、隠さずに出した方がほっそりと見えます。長袖のトップスは袖をまくり、パンツの裾はロールアップしましょう。さらに、華奢なアクセサリーをつけることで、より女性らしさをアピールすることができますよ。

 

■10:パンプスは同系色をチョイス

ナチュラルストッキングのときはベージュ、黒タイツのときは黒と、脚の色と同系色のパンプスを選べば境目が見えにくくなり、脚やせ・脚長効果が得られます。

 

いかがでしたか? 体重が変わっていなくても、上記の最強着やせテクをマスターすれば、周りから「ちょっとやせた?」と言われるはず! さっそく実践してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 大流行アクセ「チャンルーvs.クルチアーニC」あなたならどっち?

お手軽なのにオシャレ!ストールなどの小物をうまく使うテク

せっかくの「巨乳が台無しになる」NGファッション4つ

誰でも簡単に着こなせちゃう!「柄パンツ」体型別選び方

※ おしゃれ上級者の着こなしに見える「パワー小物」の選び方3つ