涙袋コスメ徹底比較!「ペンシルvs.陰影タイプvs.テープタイプ」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別名“フェロモンタンク”とも呼ばれる涙袋。その名の通り、涙袋がふっくらしているほど異性を惹きつけるそうです。雑誌でも板野友美風、きゃりーぱみゅぱみゅ風など、涙袋にスポットを当てたメイクテク特集が組まれるなど、涙袋ブームはまだまだ続きそうですね。

そんな涙袋を誰でも簡単に手に入れられるよう、“涙袋コスメ”が続々と発売されているのはご存知ですか? 今回は、筆者が身をもって涙袋コスメ使い比べをご紹介したいと思います。

 

■簡単ワザから職人並みまで! 涙袋コスメの種類

今、店頭に出回っている涙袋コスメは、主に3タイプあります。一つ目が、最も簡単な“ペンシルタイプ”。ベージュやピンクなどのペンシルを涙袋部分にひくことで、涙袋が強調され潤んだ瞳に見えます。

二つ目は、前述のペンシルタイプを光と影に分けた“2タイプペンシル”です。涙袋の下部分に影を入れたあと、光となる部分を涙袋部分にひいて涙袋を強調します。涙袋に光と影を作ることで、より本物のような涙袋に見えます。

三つ目は、“テープタイプ”。これは、細いテープを涙袋を作りたい部分に張り付けて涙袋を作ってしまうという、アイプチの涙袋バージョンというべき商品でしょうか。それでは、さっそく使い比べてみましょう。

 

■イプサ『アイカラーペンシルWP』

美レンジャー

最も簡単であるペンシルタイプです。ピンク色のアイカラーペンシルなので、アイシャドウだけでなく、涙袋コスメとしても使用できます。皆さんもお手持ちのアイカラーペンシルで気軽に試せるのではないでしょうか? 仕上がり感は涙袋の膨らみというよりも、“下まぶたのキラキラメイク”といった感じで、いまいち物足りないかもしれません。

 

リトルウィッチ『もて涙袋モイスチャー』

美レンジャー

ペンシルタイプを光と影に分けた、2タイプペンシルです。STEP1と書かれたキャップを開けるとブラウンのペンシルが出てくるので、涙袋を作りたい部分の下へ影を入れていきます。

次にSTEP2と書かれたキャップを開けると明るいベージュのペンシルが出てくるので、先ほどの陰の上部分、涙袋を作りたい部分にベージュをのせていきます。馴染ませると、自然な陰影で元から涙袋があったかのように見えます。韓国のオルチャンたちも使用しているというこの涙袋テク、確かに自然でよさそうです。

 

mejutu 『リアルタンク ぷっくり涙袋』

美レンジャー

アイプチの涙袋版ともいえる、テープタイプです。テープを押し込んで涙袋を作るので、涙袋は3タイプの中で、一番大きくリアルに見えます。しかし、テープを涙袋に張り付ける作業が難しく、至近距離で見ると不自然さが目立ちます。コツを掴めば、もっと自然に使いこなせそうですね。

 

いかがでしたでしょうか。皆さんは、試してみたい涙袋コスメはありましたか? 即席涙袋で、新たな魅力を楽しんでくださいね。

 

【関連記事】

※ 汗でメイクがドロドロ!恐ろしいメイク崩れを防ぐ超簡単テク

※ 「ペンシルvs.リキッド」愛され顔になれるアイライナーはどっち?

※ 男ウケ抜群!まわりの女に絶対負けない「夏モテメイクテク」3つ

※ AKB48板野友美風「涙袋メイク」は本当に人気?調査で判明

※ 今ぷっくりした「涙袋」が魅力的と言われている理由5つ