「ダイエット炭酸vs.普通の炭酸」健康への悪影響は実は同じ!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い毎日が続いて喉がカラカラになったときに飲む炭酸入りのジュースは、やっぱり爽快。でもカロリーが気になるからと、普通のジュースではなく“ダイエット○○”と書かれたものがあったら、そちらを選ぶという女性が多いのではないでしょうか?

“ダイエット”とうたわれた飲み物の方がカロリーも低いし、当然身体にだっていいはず。誰もが抱く、そんなイメージがあっさりと覆された、驚きの結果が明らかになりました。

 

偽物の糖分が身体のシステムを崩壊

アメリカの雑誌『Cell Press』で発表された、米パデュー大学研究者たちの5年に渡る調査において、通常のソーダを飲む人と、ダイエットソーダを飲む人では、健康へ及ぼす害は同じであると結論づけたのです。

ダイエットソーダに使われる人工甘味料は、甘いものを求めているときに低カロリーで満足させてくれる効果があるのですが、落とし穴はそこにありました。身体が糖分を欲しがっているとき、糖分に見せかけた偽物の糖分、つまり人工甘味料が体内に入ると、身体の方はどう反応してよいか混乱してしまうというわけ。

こうして人工甘味料を摂り続け身体のシステムが崩れてしまうと、今度は本物の糖分を摂ったときに、血中の糖分量や血圧を制御するホルモンが、本来の通りに分泌されなくなってしまうのです。また人工甘味料は脳の働きを鈍らせ、より高カロリーで甘い食べ物を欲しがってしまうという恐ろしい影響も及ぼします。

 

ネーミングやカロリー数に惑わされないことがポイント

“ダイエット”というネーミングから、“低カロリー”、“ヘルシー”と勝手に期待する女子の心とは裏腹に、ダイエットソーダは実は健康上よくないという衝撃の事実。しかもこの傾向は、ダイエットソーダに限らず、人工甘味料を使っているあらゆる製品にも当てはまるそうです。

要は自分が食べよう、飲もうとしているものに人工甘味料が含まれているかどうかが、この問題のキーポイントというわけです。

 

カロリーの数字だけに気を取られたり、いかにも健康に良さそうな商品の名前や“低カロリー”なんて言葉に惑わされないことが大切。そして人工的なものよりも、ナチュラルなものを摂ることが本当の意味でのヘルシーライフを実践できる秘訣というわけですね。

 

【関連記事】

どっちがより安全?「飲んではいけない」コーラ4つを徹底比較

痩せ習慣!朝食を大量に食べるほど肥満解消になる理由とは

3秒押すだけで美肌もダイエットも叶う「魔法のツボ」まとめ

ダイエット時のツラさやイライラを劇的に和らげる方法

暑いからって水分をムダに摂りすぎるとブクブク太るって本当!?