絶対やめて!ヘアカラーした髪が色落ちしてしまうNG行動4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく髪を染めても「あっという間に色が落ちてしまった……」そう感じてしまうことってありませんか? せっかくキレイに染めたのだから、少しでも長持ちさせたいですよね。

そこで今回は、『美容室Calm』のオーナー佐藤和人さんに、ヘアカラーが長持ちしないNG行動を教えていただきました。

 

■1:ホームカラーで染める

「根元だけを染めたいのに、ホームカラーにありがちなムース式で染めると、毛先にも薬剤が付いてしまうことがあります。それが原因で髪全体のダメージが進み、退色が進んでしまいます。またリタッチ式で根元だけ染めたとしても、シャンプーの際に毛先にも根元の染料が届き、毛先も根元も両方傷んでしまいます」

手軽で安価のホームカラーは、色落ちの面を考えると必ずしもコストパーフォーマンスが高い、とはいえないようです。

 

■2:施術日にシャンプーをする

「意外と知られていないのが施術日当日のシャンプーです。お風呂に入って髪が濡れたからと、ついシャンプーをしてしまいがちですが、これが色落ちを加速させる原因なのです。薬剤で大きく膨らませた髪の中に色の粒を入れるのが、ヘアカラーの仕組み。色の粒は約30分で安定し、色が染まります。

しかし、施術日当日はまだ髪が膨らんでいる、いわゆる水に馴染みやすい状態なので、水やシャンプー剤に触れると流出しやすくなるのです。そのため、大切なヘアカラーだけでなく、たんぱく質など髪内部の重要な成分も流れ出てしまうのです」

真夏は少しでも汗ばむと髪を洗いたくなるでしょうが、ヘアカラーをした当日は我慢しましょう。

 

■3:硫酸系シャンプーを使う

「シャンプーで最も大切なのは洗浄成分です。この種類によって退色の度合いは劇的に違います。いくらドラッグストアでヘアカラー用、ダメージヘア用と書かれていても、成分表示の中にラウリル硫酸、もしくはラウレス硫酸と書かれているシャンプーは、ヘアカラーを褪色させてしまいます。 少しでも長持ちさせたいのならば、パッケージやCM、ボトルイメージ、香りには惑わされずに硫酸系シャンプーを避けるようにしましょう」

シャンプーを選ぶときには、表よりも裏の成分表示をしっかり熟読して選ぶようにしましょう。

 

■4:紫外線対策をしない

「自動車のタイヤも4~5年もするとゴムがボロボロになっている事がありますが、その大きな原因のひとつは紫外線です。同様に髪も紫外線により表面の鱗であるキューティクルにダメージを受け、それゆえに褪色にも繋がる大きな一因となるのです。紫外線対策のヘアスプレーを利用することで、紫外線による色落ちを防ぐことができます」

紫外線が強い時期は、ヘアスプレーをいつものヘアケアにプラスしておいたほうが、色落ち防止に効果的です。

 

いかがでしたか? この記事を参考に、染めたてのヘアカラーを少しでも長くキープしてくださいね。

 

【関連記事】

夏にNGな髪の洗い方は「夜シャンvs.朝シャン」どっちが正解?

もう泣かない!髪のカットで失敗しないオーダーの仕方4ステップ

大流行の兆し「ヘアカラーチョーク」を上手に取り入れる方法

※ 緊急警告!女性の「ハゲ現象」が起きるのは●●が原因だった

※ やりがちだけど実は「髪にダメージを与える」NG行動6つ

 

【取材協力】

※ 佐藤和人・・・『美容室Calm』オーナー。大型店店舗やイギリス留学を経て1996年に横浜市青葉台に”癒しとこだわりの美容室Calm”を掲げオープン。2001年には『Calm sera』を展開し、地域で最も愛されそして上品な店づくりの為に力を注いでいる。