驚愕事実!口にするだけでみるみる「歯が黄ばむ」NG食べ合わせ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白い歯は、見た目の美しさだけでなく、清潔感を感じさせてくれますよね。『美レンジャー』読者の皆さんも、口腔ケアやホワイトニングなど意識して取り入れている方も多いかと思います。

そんな歯を白くする一方で、歯を黄ばませてしまう食べ物もありますね。カレーや、コーヒーなどがメジャーでしょうか。ところが、そればかりでばく、歯を黄ばませてしまう“組み合わせ”も存在していたのです。今回は、口にするだけで歯に着色してしまう、NG食べ合わせについてご紹介したいと思います。

 

■着色性食品×着色補助食品=歯を黄色くする

着色性食品は、その名の通り“口にすることで歯に着色する食べ物”です。それに対し、着色補助食品は単独では着色しませんが、“着色性食品と一緒に摂ることで着色を強めてしまう食べ物”を指します。着色性食品と、着色補助食品にはどのようなものがあるのでしょうか? さっそく見ていきましょう。

【着色性食品】

・コーヒー

・コーラ

・ウーロン茶

・赤ワイン

・たばこ、葉巻

・ブルーベリー、赤ぶどう

・カレーライス

・ソース、ケチャップ、醤油

・人口着色料を使用した食品

・イソジンなどの、色の濃いうがい薬

【着色補助食品】

・炭酸飲料(特にコーラ)

・アルコール飲料

・スポーツドリンク

・柑橘系食品・飲料

・シュウ酸(ほうれん草や青いバナナ、キャベツなど)

・クエン酸(パイナップルやレモン、グレープフルーツ、酢、梅干しなど)

着色補助食品は口の中を酸性化させ、歯の表面ミネラルを溶かして着色しやすくしてしまうのです。赤ワインやコーラだけならまだしも、赤ワインとほうれん草、コーラとパイナップルなど両方を一緒に摂ることで、確実に歯を黄ばませてしまうのです。

 

■どうすれば、白い歯でいられるの?

では、着色を避けるためにはどうしたらよいのでしょうか? 同時に摂るのではなく、着色性食品を食べ終えてから着色補助食品を食べるなど、分けて摂ることで着色を防ぐことができます。前述の場合は、赤ワインを飲み終えてからほうれん草を食べるとよいですよ。

また、万が一同時に口にしてしまった場合は、可能な限り歯を磨く。時間がなければ、水で口をゆすぐだけでも、効果的です。

 

いかがでしたか? 歯を黄ばませてしまう理由は、意外にも身近にあったようです。食事の仕方に気をつけて、白い歯を手に入れて下さいね。

 

【関連記事】

※ 女性の魅力が激減!白い歯をダメにするNGドリンク&食材

※ 夏モテの秘密は「口元」にあった!第一印象からモテる女性に見える共通点とは

※ やるなら今スグ!歯科矯正をやるべき理由3つ

※ ジャンクフードは歯にも最悪!超意外な歯周病の原因3つ

※ 美しい口元を作る「歯のツヤ」低下の原因が解明される