たったこれだけで夏の体調不良がみるみる解消するヨガポーズ3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い日は、ダメだとわかっていてもエアコンがきいた部屋にこもったり、冷たいドリンクを飲んだりして体を冷やしてしまいがち……。体が冷えると、肩こりやダルさ、疲れ、むくみのような不調が起こり、気持ちも沈んでしまいます。さらに、代謝が下がって痩せにくくなるので、いいことはありません。

このような女性の敵、”夏冷え”によるプチ不調を解消するには、特別な道具がいらないヨガがオススメ! すでに、普段の生活にヨガを取り入れているという人は多いと思いますが、今一度プチ不調に効くポーズをおさらいしながら、体を動かしてみましょう。

 

■かんぬきのポーズ(左右各5呼吸キープ)

【効果】

・骨盤の歪み改善

・代謝UP

・くびれを作る

(1)床に膝立ちをする

(2)その状態から右足を横にのばし、つま先は外側に向けて足裏は床につけるようにする

(3)左腕をまっすぐ上に伸ばし、右腕は右ももの上にのせる

(4)息を吐きながら、上体をゆっくりと右に倒して5呼吸キープする

(左右反対も同様に行う)

 

■英雄1のポーズ(左右各5呼吸キープ)

【効果】

・太もものシェイプUP

・下半身の筋力を強化

・気分をスッキリさせる

(1)両足をそろえて立ち、腕は腰にあてる

(2)右足を前に大きく踏み出し、左足先はやや外側に向ける

(3)息を吐きながら、右ひざが直角になるくらいまで腰を落とす

(4)息を吸いながら、両腕を上に伸ばして5呼吸キープする

(左右反対も同様に行う)

 

■英雄2のポーズ(左右各5呼吸キープ)

【効果】

・お腹、お尻、脚を引き締める

・全身の疲れを解消

・集中力をUPさせる

(1)両足を大きく開いて、右足先を外側に向ける

(2)両手を腰にあてる

(3)息を吐きながら、右ひざが90度になるまで腰を落とす

(4)息を吸いながら、両腕を横に肩の高さまで上げて、顔を右に向けて5呼吸キープする

 (左右反対も同様に行う)

 

上記3つの基本のヨガポーズならヨガマットがなくてもできますし、体が硬い人もツラくないのでは? ヨガを行うタイミングは、就寝中の体のこわばりが気になる人は朝、一日の緊張をほぐして快眠したい人は夜がオススメ。体を伸ばして深呼吸をすれば、身も心もシャキッと引き締まりますよ!

 

【関連記事】

たった10秒でできる!魅力的な笑顔を作る「顔ヨガ」3つ

誰でもすぐにできるシンプルな「顔ヨガ」で若返る方法

意外と知られていない「美女がヨガを続ける」本当の理由5つ

浮遊感がヤミつき!? 今年大注目「半重力ヨガ」の凄さとは

デスクの下でこっそりできる「10分間美脚ストレッチ」5つ