真夏のメイク直しは「デロデロorカサカサ」の見極めが超大事!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと歩いただけでも汗が吹き出してくるし、屋内はエアコンでキンキンに冷えているし……。夏は、せっかく丁寧に仕上げたメイクが、すぐに崩れてしまう悩ましい季節。メイクが崩れたとき、みなさんは正しい方法で直せていますか?

目立ってしまうファンデーションの崩れをなんとかしようとして、やみくもに重ね塗りをしている人は多いのではないでしょうか? このように、ただファンデーションを重ねるだけのメイク直しでは、夕方には人に見られたくない悲惨な状態になってしまうので要注意!

そこで今回は、メイク崩れの原因を見極めて、肌状態に合った正しいメイク直しの方法をおさらいしていきたいと思います。

 

■メイク崩れの原因を見極める

夏のメイク崩れには、汗や皮脂がファンデーションと混ざって、焼く前のホットケーキミックスのようにデロデロになるケースと、エアコンによる乾燥でシワっぽくなるケースの2種類があります。

ですので、メイクが崩れてしまったときは、どちらのケースなのかよく見極めてから、適切な方法で直す必要があるのです。次に、肌状態別のメイク直しの方法をご紹介します。

 

■肌状態別のメイク直しの方法

(1)デロデロタイプ

汗をかいてしまったときは、涼しい所でクールダウンしてからメイク直しをしましょう。汗や皮脂が気になるところだけ、小さく折り畳んだティッシュで軽くおさえてから、プレストパウダーやお粉をブラシかスポンジを使って肌に軽くのせてください。油とり紙では皮脂が取れすぎてしまうので、ティッシュやトイレットペーパーを使うようにしてくださいね。

どうしても汗をかきたくないときは、ブラジャーのホックを1つきつくすることで、胸から上の汗が一時的に止まります。ですが、この裏ワザは締め付けで気分が悪くなることや、肌荒れをしてしまうこともあるので、あくまでも最終手段にしましょう。

(2)カサカサタイプ

エアコンがキンキンにきいた部屋にいると、肌が乾燥してカサカサになってしまいますよね。屋内で過ごすことが多い人は、普段使っている化粧水を持ち運びができる小さな容器に移し替え、ポーチに忍ばせておきましょう。

そして、ティシュにひたひたに浸し、即席シートパックとして肌にのせてください。化粧水が馴染んだらはがして、ブラシかスポンジを使ってプレストパウダーやお粉をはたきます。

 

どちらのタイプにも共通して言えることは、ファンデーションがはげているところは指でならすこと、トラブルが目立つところはコンシーラーで隠すことです。ファンデーションの色をワントーン暗くすると、ニキビ跡やシミ、そばかすが隠れやすくなるので、厚塗りが原因のメイク崩れを防げますよ。

いつでもパーフェクトな肌でいるために、正しいメイク直しの方法をマスターしましょうね!

 

【関連記事】

絶対に崩れない!汗にめちゃくちゃ強い「魔法級メイク」テク

ファンデの厚塗りはNG!「鼻のテカり」を抑えるコツ5つ

※ 「メイクがぐちゃぐちゃ!」になる前にやるべき崩れ対策3つ

指でこするのはNG!パンダ目を正しく直す驚きのテクニックとは

※ ほうれい線対策に!「ベロ回し体操」で得られる嬉しい効果5つ