タンスの肥やしにしない!マンネリ知らずの柄パンツ着こなし術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回「流行中だけどオバさんに見えがちな“柄パンツ”体型別選び方」をお届けいたしましたが、ご覧いただけましたでしょうか? 流行の波でとりあえず柄パンツは買ったものの、「いつも同じパターンしか着方が分からない」などと、結局着こなせないままタンスの肥やしになっている方も多くいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、パーソナルスタイリストである筆者が、誰でも簡単に使いこなせる柄パンツの選び方をご紹介いたします。

 

■1:クロップド丈で垢抜け効果

柄パンツといえば丈が長めのパンツ、そしてすっきりとしたスキニーが王道ですが、誰でも簡単にサマになる着こなしに見せるためには、“クロップド丈”という足首が見える丈のものを選ぶことがポイントです。足首が見えるか見えないかというたったこれだけで、着やせ効果もありつつ、パンツコーディネートが垢抜けて見えます。

 

■2:飽きにくいのは透かし柄

柄パンツといえば柄の主張が強いがゆえに、着ているとすぐに「飽きた」ということに陥ってしまうこともあるでしょう。これはそもそも「1コーディネートしか着方が分からない」という悪循環に陥っているから。

そこでオススメは、遠目で見ると無地に見える“透かし柄”になっている柄パンツを選ぶことです。無地のパンツのように着回すことができるため、柄が一人歩きしている柄パンツよりも着こなしに悩みません。着回し下手な女性には最適な1本ですよ。

 

■3:毎回履く“靴”選びに困らないのはメリハリ柄

洋服は溢れるほど持っているのに、靴はシンプルな黒1足しか持っていないという、おしゃれに偏りがある女性は沢山いらっしゃいます。そんな女性たちにありがちな悩みは、ボトムスに靴が合ってないためにイマイチなコーディネートになること。

そこでオススメは、黒や白地にビビッドな配色の柄パンツを選ぶことです。地の色と靴の色を合わせることで統一感が生まれるため、靴とパンツの色合わせに毎回悩まなくなります。後はトップスで変化をつけるだけで、簡単に着回し上手になれますよ。

 

以上、誰でも簡単に着こなせる柄パンツの選び方をご紹介しました。この記事を読んでマンネリ柄パンツコーディネートを一新してみてくださいね。

 

【関連記事】

「ワンピースvs.ビキニ」太って見えるNG水着はどっち?

貧乳でもダマせる!? 2カップ巨乳に見えてしまう魔法の水着3つ

老けて貧相に見えちゃう「のっぺり地味顔」が避けるべきNG服

おしゃれ上級者の着こなしに見える「パワー小物」の選び方3つ