韓国の美容通もビックリ!「アモーレパシフィック」新マスク3つのポイント【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おとなり、韓国で完売続出! 3月4日の発売が待ち遠しい『アモーレパシフィック』の新製品、『ライブライト マスク』。前編の要領で、上についた透明のカバーシートをはがして、薄いナノファイバーシートだけにしたら、再びマスクを取り出した袋の中に目を落としてみて……!

「あ、まだこんなに美容液が残っている!」 そうなんです。

 

【ポイント・3】

美容液成分がたっぷり23ml入っている!!

まだ美容液(10mlくらい)が袋の中に! マスクの美容成分を余すところなく肌に届けたい美容通としては、ほっておけない事態(笑)

そこで、“コットン”の登場です!  残った美容液に浸したコットンで、オプション美白ケアをしちゃいましょう!

 

【乾燥してダメージを受けやすい、頬のケアに】 ※使用コットン:2枚

小鼻のワキ~目の下、頬にかけては、顔の凹凸が合わないとどうしてもマスクが浮きがち。でも、マスクの上から、両頬に1枚ずつ美容液を浸したコットンを貼ることで、マスクと肌との密着度も高まります! 頬の乾燥を防いで、肌バリアを強化しておきましょう!

 

【意外と焼けやすい、首のケアに】 ※使用コットン:2枚

もう1パターンのおすすめは、年齢の出やすい首のケア。美容液に浸した2枚のコットンをそれぞれ真ん中で裂いて、首にペタペタ。コットン4枚で十分覆えますよ。「意外と焼けていた…」という状態になりやすいパーツも、顔と一緒にしっかりケアしておきましょう!

 

せっかくケアするなら、美容成分を徹底的に肌に染みこませたいですもんね!

『アモーレパシフィック』では、外に出ているメラニンよりも肌の内側に隠れているメラニン生態系が重要な問題だと考えているそう。ふむふむ。自宅で肌の内側のバリアを高めておくことが、紫外線に対抗できる近道ですね!

「ゆっくりしたいなぁ」ってときこそ、お部屋でぬくぬくメラニン生態系を健やかに保つ予防美白をしておいて、まさに雪のような! 輝く白肌をつくりましょう。

 

【参考】

※ AMOREPACIFIC Corp. R&D Center 調べ(1日10~20分、週に2回の使用を推奨)

【関連記事】

【速報】「美白ラインが新価格でリニューアル!」 アモーレパシフィック発表会レポート

韓国の美容通もビックリ!「アモーレパシフィック」新マスク3つのポイント【前編】