意外とやってる?「美白化粧品」を選ぶときに間違ってること

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年夏になるとテレビコマーシャルや雑誌、百貨店やドラッグストアの店頭で、美白化粧品の紹介をよく目にします。夏のスキンケアの代表的な存在でもある美白化粧品。すでに毎日のお手入れに取り入れているという方も少なくないはず。

しかしながら一言で美白化粧品といっても、いろいろと種類があり特徴や期待できる効果が異なります。目的が違う美白化粧品を使い続けていても、求める肌には近づけません。シミを薄くしたくて使っている美白美容液に、実はシミを薄くする効果がなかった……なんてことも。

そこで今回は、目的に合った美白化粧品の選び方をおさらいしていきましょう。

 

■使う目的を明確にする

美白化粧品はメーカーや商品によって特徴や使用成分、期待できる効果が異なります。自分が美白化粧品に何を求めるかを明確にすることが重要です。

(1)陶器のような白肌を目指したい

(2)今あるシミそばかすを薄くしたい

(3)日焼けやシミができるのを予防したい

これらの目的に応じて選ぶべきアイテムが異なります。今あるシミに悩んでいる人がシミ予防の特徴がある化粧品を使っても、お悩み改善にはつながりません。まずは目的をはっきりさせ、自分に合ったものを選びましょう。

 

■目的に合った美白化粧品の選びのポイント

目的がはっきりしたところで、それぞれの美白化粧品選びのポイントをご紹介します。

(1)陶器のような白肌を目指したい人

顔全体に透明感が出るものや、トーンアップが期待できる化粧水や美容液などを選ぶとよいでしょう。”透き通るような白肌に””透明感UP”などと紹介されているアイテムを、参考にしてみてください。

(2)今あるシミそばかすを薄くしたい

顔全体に使用する美白化粧水や美容液はもちろん、気になる部分を集中ケアしてくれるスポット美容液のようなアイテムもおすすめです。”今あるシミをなんとかしたい””シミそばかすにお悩みの方に”などと紹介されていることが多いです。

(3)日焼けやシミができるのを予防したい

日焼けやシミを予防したい人は、UVカット乳液や、シミのもととなるメラニンの生成を抑える効果が期待できるアイテムを選ぶとよいでしょう。”日焼け防止””浴びた紫外線をなかったことに”と紹介されているものは予防の特徴を持つアイテムです。

期待できる効果が、分かりやすく記載されていない美白化粧品も多く存在します。美容に詳しい方は成分で判断されるかと思いますが、あまり詳しくないという方は、店頭のポップや紹介文言を参考にしてみてください。お店の方に相談してみるのもよいでしょう。

 

以上、目的に合った美白化粧品の選び方をご紹介しました。美白化粧品を選ぶときの参考にしてみてください。また、せっかく使う美白化粧品の効果を最大限に発揮させるためにも、毎日の紫外線対策はしっかりおこなっていきましょう。

 

【関連記事】

今からでも遅くない!綾瀬はるか並みの「色白肌」を手に入れる方法

「美白徹底女子」必見!紫外線予防&ダメージに効果的な成分3つ

シミ対策の新常識!浴びた紫外線を撃退する「真の美白成分」とは

老け顔になっちゃう「間違った美白化粧品の使い方」4つ

バーベキューで「日焼けケアしすぎ」にならない紫外線対策4つ