コレを食べるだけで「みるみる痩せちゃう」真夏の果物とは?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猛暑日が続くと、水分の摂取量もついつい多くなってしまいますよね。しかし、過剰な水分摂取は、むくみを引き起こし水太りの原因となるなど、ダイエットの落とし穴でもあることをご存知ですか?

そんな時の救世主として、食べるだけで体内の水分代謝を促し、スッキリボディへ導いてくれる夢のようなフルーツがあるのです! 今回は、ダイエットをサポートしてくれる夏のフルーツをご紹介したいと思います。

 

■スイカ

夏の風物詩でもあるスイカ。皆さん、今年はもう口にしましたか? 実はスイカは、最強のデトックスフルーツでもあるのです。水分代謝を促してくれるカリウムに加え、尿をつくる成分であるシトルリンも含まれているので、利尿効果が絶大。

むくみだけでなく、美容や健康にも嬉しい成分もたくさん含んでいます。ニンジンやモロヘイヤなど、緑黄色野菜に多く含まれるカロテンを含んでいるので、肌荒れや夏風邪、ガン予防にも効果的です。

果肉の赤いスイカは、特にリコピンが豊富に含まれており、錆びない体でいるための抗酸化能力に優れています。リコピンというとトマトが有名ですが、USDA(アメリカ農務省)の研究によると、生トマトよりもスイカの方が約40%も多くリコピンを含んでいて、体内に吸収されやすいそう。旬な今こそ、積極的に食べたいですね。

 

■メロン

意外なことに、メロンのカリウム含有量はスイカの約3倍! フルーツの中でもトップクラスのデトックスフルーツなのです。一つ気を付けたいのが、種類によって含有量に差があることです。温室栽培が多いマスクメロンよりも、アンデスメロンや夕張メロンのような露地物に多く含まれているのが特徴です。

美肌の味方ビタミンCのほか、植物繊維も豊富なので、おなかの調子を整えて便秘を改善してくれる効果も。まさに最強のデトックスフルーツといえるでしょう。

 

■もも

ももは、水溶性ペクチンと不溶性ペクチンの両方を含んでいます。水溶性ペクチンは、りんごなどにも含まれており、便秘を解消してお腹の中からキレイにしてくれます。一方の不溶性ペクチンには、便のかさを増してくれる効果が。お通じに悩んでいる方におススメですよ。

またスイカ・メロン同様に、むくみを改善してくれるカリウム、二日酔いに効くナイアシンも含んでいるので、飲み過ぎた翌日には効果がバッチリ感じられるはずです!

 

いかがでしたか? 美味しく食べながらフルーツの持つデトックス効果で、スッキリボディを手に入れてくださいね。

 

【関連記事】

※ 失敗原因はコレ!「諦めダイエッター」への落とし穴とは

※ 食べなきゃ損!「きな粉」で痩せ体質が手に入れられる理由

※ 「夜に食べると痩せ体質」になる朝に食べがちな食材とは?

※ ダイエット時に伴う「鬼の苦しみ」を紛らわす魔法のツボ6つ

※ 「ゆっくり食べること」がダイエットに重要である本当の理由とは