なりたい自分に!超簡単「眉毛メイク術」で印象を自由自在に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“元気で明るい”“華やかでエレガント”など、人にはそれぞれなりたい自分のイメージがあるかと思います。メイクを少し意識するだけでなりたいイメージにグッと近けます。

特に顔の印象を大きく変えるのが“眉毛”。しかし、眉毛は失敗しやすいパーツの一つでもあります。印象を左右するパーツであるだけに、失敗すると残念なことに……。

そこで今回は、理想のイメージに近づくための眉毛メイクのポイント3つをご紹介します。

 

■1:まずは基本の描き方を知ること

眉毛には、自然に見えて誰でも似合う基本の描き方があります。ご存知の方も多いかと思いますが、ここでおさらいしていきましょう。

美レンジャー

(1)眉頭は目頭の真上

眉頭の基本位置は目頭の真上です。眉頭は濃く描くと印象が強すぎてしまうので、アイブロウパウダーで足りない部分を補う程度で十分です。

(2)眉尻は鼻と目尻を結んだライン上

鼻と目尻を結んだラインと、眉頭の高さと交わるところが眉尻の基本位置となります。この位置にアイブロウペンシルで薄く印をつけ、眉毛の隙間を埋めるような気持ちで少しずつ描いていくと失敗がありません。眉尻はだんだん細くしていくとキレイに仕上がります。

(3)眉山は眉頭と眉尻を結んだ2/3の位置

眉山と眉尻を結ぶラインのだいたい2/3のあたりが基本の眉山の位置。ただし、今ある自然な眉山をあえて無視する必要はありません。あくまで基本の位置を意識しつつ、自分の眉山に沿って描くと自然に仕上がります。

これが基本の描き方です。この基本をベースにアレンジすることで、なりたいイメージに近づくことができます。

 

■2:目指す印象は快活?華やか?

眉尻の長さによってガラリと印象が変わります。なりたいイメージ合わせて眉毛の描き方を変えてみてください。

(1)元気で快活なイメージ

眉尻を短めに描くとフレッシュで明るい印象になります。芸能人でいうと上戸彩さんや剛力彩芽さん、吉瀬美智子さんです。

(2)エレガントなイメージ

眉尻を長めに描くと華やかで大人っぽい印象になります。芸能人で言うと井川遥さんや松雪泰子さんです。

 美レンジャー

■3:意思の強い印象?優しい印象?

眉頭の位置を変えることで相手に与える印象が変わります。例えば眉頭をやや鼻側に寄せることで、意思の強い印象になります。逆にやや目尻側に寄せることで優しい印象になります。

美レンジャー

仕事でしっかり見せたい時は意思の強さを、デートで柔らかい印象に見せたい時は優しい印象になるように眉頭の位置を描き分けるのも良いですね

 

以上、なりたい自分になれる眉毛の描き方3つの法則をご紹介しました。失敗しやすい眉毛も、この法則さえ知っておけば、簡単になりたい自分に近づけるのでぜひ参考にしてみてください。

 

【関連記事】

「見た目オバさん」と呼ばれない!最新眉ルール4つ

どれが似合う?顔の印象を大きく変える「眉」4パターン

今さら聞けない小さな悩み…アノ部分の簡単なお手入れ法【眉毛編】

いまさら聞けない髪に合うアイブロウの正しい選び方

眉毛をナメるな! デカ目度、驚異の2割増し★