-20kgも夢じゃない!本気で痩せたい人の「酵素ダイエット」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美レンジャー7月に入り、そろそろ夏本番。今年もボディラインが気になる季節がやってきました。

短期間での究極のダイエットといえば、『断食』…しかし食べないだけのダイエットで不健康に痩せると肌荒れに悩まされたり、体調を崩したり、秋になって一気にリバウンドということにもなりかねません。

夏に限らず、ダイエットは栄養もしっかり取って、健康的に痩せるのが鉄則です。そんな中、栄養面、美容面で評価が高く、健康的なダイエットといえば「酵素」が引き続きトレンド。いろんなメーカーから酵素ドリンクが出ていて、試そうとしている方も、既に試した人も多いはず。

でも「酵素ドリンクで●●kg痩せた」という人もいれば、逆に「いっさい痩せなかった」という声もちらほら聞こえてきます。

アンビシャス様画像2

 

■なぜ結果が両極端に分かれるの?

おそらく結果が出ない人は「死んだ酵素」を飲んでいるからではないでしょうか? 酵素には弱点があって、一般的な酵素は「熱」や「酸」にとっても弱いのです。

最近売れている酵素ドリンクの中にも、加熱殺菌によって酵素がなくなっているであろう商品や、せっかくカラダに取り入れても胃に入った時点で胃酸に負けて、意味を成せないような商品もあるそう。

 

■何が良くて、何が駄目なの?

正直にいうと、成分表や製造工程などを見ないと、具体的にこの商品がダメとはいえません。しかし、様々な試験結果や成分表などで、「体内でも生き続ける」とされている酵素が、『美レンジャー』過去記事「本気で痩せたいなら要チェック!巷で流行っている酵素ダイエットの真実とは」でもご紹介した『ローヤルエンザミン酵素』。一般的な酵素は50℃~70℃で失活してしまいますが、この酵素は熱に強く、121℃の耐熱試験もクリアしています。前述の加熱殺菌が85℃なので、ローヤルエンザミンは大丈夫という事ですね。

また、他の酵素は大半が胃酸に負けてしまいますが、『ローヤルエザミン酵素』は胃酸にも負けない証明として、耐酸性試験(P.h1.2)もクリアしています。

さらに通常の酵素は分子が大きく、たとえ胃酸から逃れたとしても腸から吸収されませんが、この酵素は、特許製法で酵素には非常に珍しい「低分子化」を実現し、吸収されやすいようにしてあります。

そして1番分かりやすい比較として、他の酵素の平均kcalが100gあたり250kcalなのに対して、100gに対して48kcal。なんと1杯あたり9.6~19.2kcalと圧倒的な低カロリーを実現!

一般的な酵素ドリンクは、大量の糖を利用して発酵するのに対して、『ローヤルエンザミン酵素』で使用されている『エンザミン』は、糖分をあまり必要としない納豆菌によって発酵させているのでカロリーが他の酵素ドリンクと比べ、圧倒的に低いのです。

アンビシャス様画像3『エンザミン』は微生物の世界的権威、赤澤一三博士が長年に渡る研究から開発した酵素の中の酵素と呼ばれる代物です。それだけでも十分なのに、更に高濃度のローヤルゼリーを贅沢配合。生命を生みだす豊富な栄養素で美肌や女性の身体のバランスを整えてくれます。まさに女性にもってこいの配合成分となっています。

元々スタイルの良かった元SDN48のお二人でもダイエットを成功させた!と話題の『ローヤルエンザミン酵素』。生きた酵素を取り入れて、この夏こそは憧れのボディを手に入れましょう!

 

【関連記事】

本気で痩せたいなら要チェック!巷で流行っている酵素ダイエットの真実とは

 

【参考】

酵素の常識を覆した!-20キロを目指せる酵素ドリンク『ローヤルエンザミン酵素』