実は意外と見られている!「汚れた靴」が印象を最悪にする理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一印象は大切だというのは誰もが実感していることですよね。特に初対面の相手だと、持ち物の扱い方でどんな人物なのかを判断されることもしばしばあります。 

実は汚れた靴を履いていると、公私ともにだらしない、管理が出来ない、といった大雑把な人というネガティブイメージがついてしまいます。逆にいつもきれいな靴を履いていると清潔感と好印象がつくため、今までよりもモテる可能性が大! 今回はすぐにできる靴のケア方法を覚えてみてくださいね。

 

■1:汚れを落とす

専用ブラシを使って靴についた埃と汚れを落とします。これだけでも靴がパッと見違えるのを感じるかもしれません。続いて柔らかい布に靴クリーナークリームや溶剤をつけて拭きます。このとき一部分だけに溶剤が溜まらないように、全体に均一に塗布しましょう。

 

■2:靴を磨く

靴の色に合わせた色のクリームを、少量ずつ全体にムラなく塗り伸ばします。このとき汚れを落としたのとは違う靴専用ブラシで表面をブラッシングしてクリームを馴染ませます。クリームが乾く前に行いましょう。全体にクリームが行き渡ったら、やわらかい布で磨きます。仕上げには伝線して使えなくなったストッキングや、靴磨きクロスがおすすめです。

 

■3:防水スプレーをかける

30センチほど離して靴全体にまんべんなく吹き付けます。革の保護成分も配合された靴専用の防水スプレーを選んでください。雨の日に帰宅した際には、靴の中に新聞紙を入れます。水分を吸わなくなるまで数回新聞紙を詰め替えてください。最後にシューキーパーを入れておくと型崩れが防げます。

 

■4:足裏をチェックする

ひと通り靴をキレイにした状態で、あらためてチェックしたいのが靴底のすり減りです。特につま先と踵の靴底が減ってくると、立っている時にもそのすり傷が見えるようになります。こうなると清潔感からはほど遠い靴になってしまいます。

 

■5:インソールの汚れを落とす

汗腺が集中する足の裏から出る皮脂と汗により、中敷に汗ジミができていませんか? 靴を脱ぐ場面で恥ずかしい思いをしなくて済むように、汚れが取れないときは思いきって中敷を取り替えましょう。

 

■6:靴修理店で修理するか買い替える

駅構内などに併設された靴修理店では、短時間ですぐに修理してくれるところがほとんどです。中敷を張り替えたり、革がめくれた靴底を張り替えるだけで見違えるようにキレイになります。

ただし、こういったお店は一時的な修復を目的とする対応になる場合もあるので、大掛かりな修理が必要な場合は、買い求めたブランドに一度相談してみましょう。出荷した工場で靴修理を受け付けてくれる場合もあります。

 

■7:新品の靴も乾燥が進んでいる

店頭に置かれている革靴は、履き崩れこそしていないものの、実は革の乾燥が進んでいます。履き始める前に靴を磨いて防水スプレーを使用しましょう。

 

靴のケアをしているだけで、物を大切に扱う美人というイメージがあなたのものに! 湿気の多いこの時期にはカビなどを除去することも忘れずに、清潔な靴で健康な毎日を過ごしてくださいね。

 

【関連記事】

※ たった2分で習得できる!茶道美人に学ぶ究極のモテ仕草とは

モテる職業「秘書」に習う!価値ある女が備えるスキルとは

美人を一瞬でおブスに見せてしまう「箸のご法度マナー」

知らないと恥ずかしい…会食で「女子力低っ」と思われるNG行動

※ これはマネするべき!京都の舞妓さんが「絶対にやらないこと」3つ