食べなきゃ損!「きな粉」で痩せ体質が手に入れられる理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「痩せたいけど、美味しいものを食べながら痩せられたらどんなにいいか……」そう思ったことはありませんか? 何でも食べ過ぎは厳禁ですが、食べ物の中には摂ることで痩せやすくなる栄養素が存在するのです。体に本当に必要な栄養分を知ることで、楽しく食べながらダイエットすることは可能!

今回は、そんなダイエットの味方になってくれる栄養分をご紹介します。

 

■女性は本当に“鉄”不足!?

体に必要な金属というと一番メジャーなのは鉄ではないでしょうか? 確かに生体中の金属の割合としては、鉄が一番必要とされています。体の中に存在する金属のベスト3は以下の通りです。

1位 鉄・・・約4g

2位 亜鉛・・・約2g

3位 銅・・・約0.15g

生理などで鉄が常に使われやすい女性にとって、鉄を気にして摂っている人は多いと思います。しかし、鉄に劣らないほど超重要な金属があります。

それが亜鉛。亜鉛というと、味覚と関わっていることはよく知られています。しかし、実は亜鉛はダイエットにとってもキーポイントになる金属です。

 

■ダイエットを手伝う亜鉛

亜鉛の働きの1つにインスリンの合成があります。インスリンは主に栄養の蓄積や血糖値のコントロールに必要なホルモンです。そのため、亜鉛不足になってくるとインスリンの分泌が遅延し、血糖値が下がりにくい状態になってしまいます。そうすると、どんどん過剰な糖が体に蓄積されてしまうのです。

 

■亜鉛を多く含む食べ物とは?

そこで、ダイエットを確実に成功させるためにも、亜鉛を普段から摂ることをおススメします。亜鉛といえば牡蠣というイメージがありますが、牡蠣を食べる機会は意外と少ないもの。そこで、普段から取り入れられる食べ物から、亜鉛を多く含むものを調べてみると意外なことが分かりました。

確かに魚介類やお肉類に多い亜鉛ですが、意外とナッツ系に含まれていることも多く、とくにアーモンドには100mg中4.4mgと、牡蠣の1/3ほどの亜鉛が含まれています。また健康に良いとして今まで美レンジャーでも紹介したココアも、牡蠣の半分以上の7.0mg含まれています。

ちなみに、日本人の主食お米には 100gあたり0.6mgなのに対して、実はおもちには2倍以上の1.4mgも含まれていることがわかりました。また豆類にもしっかり亜鉛は入っています。とくにきな粉には3.5mgと多くの亜鉛が含まれており、きな粉もち2個で1日に必要な亜鉛がほとんどが摂れてしまいます。

 

きな粉もちならおやつみたいで、手軽に食べられますよね。ただし、ダイエット目的の時はくれぐれも砂糖を少なめに調整して下さいね。

 

【関連記事】 

食べても痩せられる!脂肪を撃退する食べ物トップ10【前編】

ダイエット中に「食べてもOK!」なコンビニおやつ6つ【前編】

これで空腹に負けない!夜に暴食をしないためのコツ5つ

※ ダイエットに最適な「くるみ」の簡単でおいしい食べ方3つ

※ うつにつながりやすい「炭酸飲料」の超危険な飲み方7つ