男性が「生理中の女性に優しいのは●代前半まで」と判明!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かとつらい生理中は、男性に優しくいたわってほしいですよね。しかし、ドコモ・ヘルスケア株式会社の調査によると、男性が生理中の女性に対して普段より優しくしてくれるのは、ある年代までだということがわかりました。

今は優しい彼でも、ある年代を過ぎたら、生理中の言動で関係がどんどんギクシャクしてしまうかも!? 今回は、そうならないために知っておくべきことをお伝えしたいと思います。

 

■約7割の女性が生理中は彼への態度が変わる

ドコモ・ヘルスケアによると、生理周期による不調で、夫や彼氏への態度が変わった経験があるかについて、「よくある」「たまにある」と回答した女性は約7割にも上るとわかりました。中でも、20代後半の女性の回答が多くなっています。

「彼に対してイライラしがちだなと思ったら生理だった」とか、「彼の言動で不安になってしまうのは、いつも生理中だ」と思ったことがある方も多いのでは?

 

■生理中に普段よりやさしいのは20代前半まで

彼や旦那さまが、生理中に気をつかってくれるとうれしいですよね。でも、その優しさは永遠ではありません。同調査によると、生理中のパートナーへどう対処するかは年齢で差が出ています。

<20 代前半の男性は、 1 位「いつもより優しく接する(47.5%)」、2 位「普段 どおりに接する(37.7%)」、3 位「なるべく近づかない (11.5%)」であったのに対し、30 代後半男性は、 1 位「普段どおり接する(51.9%)」、2 位「なるべく 近づかない(27.8%)」、3 位「いつもより優しくする (20.4%)」と接し方に大きく変化が見られ、約3割の 男性が「なるべく近づかない」を得策と考えている ことが判明しました。>

いつまでも「生理中なんだから優しくして!」と思っていると、彼が自分に近づいてこないようになってしまいます。イライラしたり悲観的になりがちな生理中は、「生理中だからイライラしちゃうんだ」と自分を落ち着かせたり、「生理中だから気にしすぎちゃうんだ」と客観的に自分を見て、パートナーにも優しく接したいですね。

 

■自分の体を知ることが大切

生理中は、パートナーとのこと以外にも、イライラしたり思いつめたりしがちです。また、生理中はそういった心の不調だけでなく、頭痛や腹痛といった体の不調、体重増加や肌荒れなどの美容面の不調も起こります。これらにうまく対処するには、まず自分の体を知ることが大切です。

図2

しかし、上の図を見るとわかるように、約半数もの女性が不調を感じていながらも、とくに何も対策をしていないようです。その理由の第1位は、半数以上の女性が回答した「適切なケア方法がわからないから」というものでした。

では、どんなケアをすればよいのでしょうか。

 

■生理周期に合わせてアドバイスをくれるアプリ

適切なケア方法がわからない方におすすめしたいのが、ドコモ・ヘルスケアの『カラダのキモチ』というアプリです。

基礎体温や生理日の入力で、異常が推定されるとメッセージが表示されたり、生理や排卵に合わせて変化する体と心の状態、天気や季節、時間に合わせて、食、ファッション、アロマ、ダイエット、ビューティー、ストレッチ、ツボなどのカテゴリから、生活のアドバイスをしてくれます。

このアプリを活用すれば自分の体や心、美容の不調対策もでき、生理中でもパートナーや周りの人に優しく接することが できるでしょう。ぜひ活用してみてくださいね。

 

男性が生理中に優しいのは20代前半まで。たとえ男性が優しくしてくれても、自分の生理の不調は解決しません。毎日楽しく過ごしてキレイでいるためにも、アプリなどを活かして、まずは自分の体を知ることから始めてみましょう。  

 

【関連記事】

※ あなたの「女性ホルモン」をドバドバ分泌させる5つの食材

※ 驚くべきことにオス化女子は加齢臭が出やすいことが明らかに

※ イライラの原因!? 「自律神経が乱れる」朝のNG行動5つ

※ 軽視してはダメ!65%の女性が経験してる「不正出血」の原因と対策

※ なんと7割の美人が「隠れオス化女子」!その特徴&対策法とは

 

【参考】

女性の体調管理や体調不良による影響」に関しての意識調査 – ドコモ・ヘルスケア