泡立て時間0秒で手に入れる「毛穴レスつるるん肌」になる方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、最近の肌悩みは何ですか?

この季節、エステサロンでダントツ1位の肌悩みは、“毛穴のざらつきや汚れ”です。気温と湿度が高くなり、毛穴がざらつき黒く目立ってくすみ、透明感を失ってしまいます。今回は、そんなザラザラ毛穴から解消され、つるるん透明肌を手に入れるおススメの“炭酸泡洗顔”をご紹介いたします。

 

■あなたはどれだけ知っている!?毛穴の豆知識

(1)チンパンジーと同じ数!?

私たちの毛穴の数は、なんとチンパンジーと同じくらいあり、男女ともにさほど変わりません。毛穴は、足や腕には1cm四方に約20個あり、頭皮には約10万個もあります。顔は密度が高く、約20万個もあるので、毛穴に汚れを残してしまうと、恐ろしい肌トラブルを引き押してしまうことが想像できますよね。

(2)毛穴は増える!?

大人になると、毛穴が増えたように感じますよね。しかし、数が増えることはありません。増えたように感じるのは、たるみや、汚れが溜まり黒ずんで目立つこと、過剰な皮脂量によって毛穴が開くことが原因です。

 

■透明肌美人になる3つの洗顔方法

(1) キメの細かい密度の高い泡であること

洗顔で一番怖いのは、スカスカ泡でのゴシゴシ洗い。水っぽい泡では、毛穴の汚れは吸着できません。汚れを吸着し落とすために、もちもちした濃密な泡で洗う事が大切です。

(2) こすらなくても、しっかりオフ出来ている事

濃密な泡は、摩擦を軽減できます。角質層はわずか0.02~0.03mmととても薄いので、ゴシゴシ洗うと角質層が剥がれ、乾燥や赤ら顔、シワやたるみの原因になります。ゴシゴシ触らなくて良い“泡洗顔パック”ができると良いですね。

(3) 洗い上がりのツッパリ感がない

洗浄力が高くても、洗顔後に肌がつっぱっては美肌にはなれません。水分と皮脂を取り過ぎるのはNGで、洗い上がりのしっとり感が大切です。

 

■汚れをしっかりオフしながらしっとり透明肌美人になる洗顔料が登場

「泡の大切さは分かっていても、濃密な泡をたてる時間がない! 」と不安に思った人も多いはず。忙しい女性は、泡立ての時間すら節約したいのが本音ですよね。でも、大丈夫! 時間がなくても濃密な泡を瞬時に作れる洗顔料があるのです。それが、今、話題の炭酸洗顔料『テンデシカ』。泡立ての必要がなく、潤いはそのままで毛穴の汚れや不要な角質をしっかり落とせる注目の炭酸洗顔料です。

 

■日本エステティック協会認定エステティシャンが太鼓判を押す理由4つ

テンデシカ2(1) 今、話題の炭酸泡洗顔料

化粧品やドリンクなどいろんな分野で大注目の炭酸。炭酸は、古い角質を柔らかくし浮かび上がらせる働きがあるので、不要な角質を優しくオフでき、透明肌へと導いてくれます。

(2) ワンタッチでOK! 泡立て時間は0秒

『テンデシカ』は、ワンタッチで瞬時にもちもちした濃密な炭酸泡が出ます。自社で行われた泡の耐久実験では5分たってもしっかりとした泡が維持されたそう。

(3) マイクロ炭酸泡が毛穴の汚れを優しくオフ

毛穴の大きさは、約200マイクロメートルなのに対し、『テンデシカ』の炭酸泡の大きさは、約50マイクロメートルととても小さいです! 泡を顔に広げて1分程おいてから洗い流すだけで、毛穴に詰まった汚れもしっかりかき出すことができるので、ざらつきや黒ずみの解消も期待できます。

(4) 贅沢な5種類の天然フルーツ酸使用

ビルベリーやオレンジ、レモンの果実とサトウキビやサトウカエデの樹液から抽出した天然フルーツ酸により、肌に負担をかけず古い角質を取り去ります。また、天然由来のアミノ酸洗浄剤も配合されているので、潤いはそのままで乾燥を招く心配はありません。敏感肌にもおすすめです。

オススメのケアは朝の泡パックと、夜のクレンジング後の洗顔&ソフトピーリング。炭酸といってもピリピリするのではなく、肌の角質層にじゅわじゅわとしみこんでいくため、洗い上がりも肌はしっとりです。

テンデシカ3「たかが毛穴の汚れ」だと、毛穴の皮脂詰まりや汚れを甘く見てはいけません。

皮脂の分泌量は、女性なら20代がピーク。美レンジャー愛読者のみなさまには、毛穴美人を目指して、透明肌美人になっていただきたいです。

 

【参考】

のせて洗い流すだけ!泡立て時間0秒の濃密炭酸泡『テンデシカ』