「ゆっくり食べること」がダイエットに重要である本当の理由とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食事ダイエットの最近のトレンドといえば、ただカロリーを気にするだけではなく、「ただ食べ方を変えるだけ!ストレスなく痩せる魔法のコツ6つ」や「ただ順番を変えるだけ!スリムになれちゃうご飯の食べ方」で紹介した通り、食べ方や食べる順番に気を遣うことですよね。さらにそういった意識の中で、もう一度見つめ直していただきたいのが、“ゆっくり食べること”です。

今回はなぜゆっくり食べることがダイエットに大事なのか、そしてゆっくり食べるテクをご紹介したいと思います。

 

■ゆっくり食べることが痩せるワケ

ロード・アイランド大学が発表した研究結果によると、食べるのが速い人は遅い人に比べて体重が多いこと、そしてその数字は最大で約8キロも多いことが分かっています。さらに食べるのが速い人は体重だけでなく、肥満度を表すBMI値も高いことが明らかとなりました。

満腹のサインが脳に伝わり、実際に身体が満腹と感じるには時間が掛かります。なのでゆっくりと時間を取って食べることで、食べ過ぎる前に満腹のサインを感じることが出来、太らずに済むというワケです。

また、他の研究では早く食べた人は9分間で約646キロカロリーを摂取した反面、15〜20回噛んでから飲むこむようにゆっくりと食べた人の摂取は29分間で約579キロカロリーだということも分かっています。少しでもカロリーを減らしたいと考えているなら、やはり“ゆっくり食べる”ことが効果的であることが言えますね。

ちなみに食べるスピードの目安としては、1分に約87グラムを食べるのが速いと見なされ、普通は1分間に約70グラム、そして1分間に約56分間が遅いとされています。

 

■ゆっくり食べるコツ

(1)男子と同じペースで食べない

同研究によると、女性よりも男性の食べる速度が著しく速いと分かっています。男性と一緒に食べる際は、そのペースにつられて一緒に早く食べてしまわないようにしましょう。

(2)よく噛む

とにかくよく噛むことは必須事項です。1回口に入れたら、最低15回は噛むと決めましょう。

(3)ナイフやフォークを使う

手で食べるより、ナイフやフォークを使う方が手間がかかる分、速度を遅くすることができます。

(4)精製されたものより全粒穀物を

精製された穀物よりも、全粒の穀物の方が噛みごたえがあるので、噛む時間が増えます。

(5)ムード作りも大事

薄暗い明かりや、ゆったりとした音楽などのリラックスした雰囲気の中だと、ゆっくりと食べることができます。逆に明るい照明や騒がしい雰囲気では、速く食べてしまう傾向があるのでご注意を。

 

15回噛むのは意外と大変ですが、習慣にしてしまえばこっちのものです。同時にアゴの筋肉を鍛えて小顔も目指しちゃいましょう。

 

【関連記事】

意外な盲点!「太らずに甘いものを食べる」ためのシンプルなコツ

迷ったらチェック!太りにくいドーナツvs太りやすいドーナツ

足りない酵素を摂るだけで「食事制限なし」で痩せられる!?

 

 

【参考】

URI researcher provides further evidence that slow eating reduces food intake – he University of Rhode Island