頑固なシミの改善に効果を発揮する「最強のツボ」4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線対策はバッチリですか? 40代女性の肌悩みで1位に挙げられるのがシミ。特に、紫外線が強いこの季節は、しっかり肌をガードしてシミができないようにしたいですよね。シミがあったら、男女ともに憧れる肌である、“綾瀬はるかさんの透明感のある肌”には近づけません。

そこで今回は、シミ改善に効果を発揮する最強のツボを4つご紹介します。

 

■ こんなにあるの!? ツボの豆知識

ツボは経穴(けいけつ)と言われ、全身に361個も点在するとても重要な場所です。エステサロンにみならず、カイロプラクティックや整体院以外でも、病気の診断にもツボが使われています。ツボを刺激することで、血液やリンパ液の流れを良くし、体の不調を整えていく、東洋医学の考えです。

ツボには、美容に効果的なツボもたくさんありますので、ぜひ、効果的なツボを覚えて、美肌を手に入れてください。

 

■ シミに効果を発揮する最強ツボ4つ

特に、シミに効果を期待できるツボを4つご紹介します。

(1)合谷(ごうこく)

別名「万能のツボ」と言われている合谷。親指と人差し指の骨が交わる掌に面した凹んでいる部分です。この部分は、比較的強めに圧を入れて刺激してください。

(2)小奬(しょうしょう)

唇のすぐ下の凹んでいる部分です。顔の血行を促進し、肌の代謝を整えてくれる肌悩みに効果的なツボです。

(3)攅竹(さんちく)

眉頭の凹んでいる部分です。攅竹は、メラニンの排泄を促し、シミをできにくくします。

(4)太陽(たいよう)

眉尻と目尻の間のこめかみ部分の凹んでいる部分です。肌の生まれ変わりを促すツボで、出来ているシミを薄くする効果があります。

 

■ 美白肌を手に入れるツボ押しの極意

ツボの場所を覚えたら、次はツボを押す際に心掛けていただきたいポイントです。

(1)指先はダメ

必ず、指の腹を使って指圧してください。指先で行うと皮膚を傷をつけてしまう可能性があります。

(2)ポイントを決めて押す

グリグリと摩擦をしてはいけません。これも肌を傷つける原因になってしまいます。ポイントを決めて一か所に圧を入れてください。

(3)呼吸と合わせる

ツボ押しは、呼吸と合わせる事が大切です。息を吐きながらゆっくりと約5秒かけて圧を入れます。その後、約5秒間ツボを指圧したら、今度は、息を吐きながら約5秒かけてゆっくりと圧を抜きます。

顔のツボに関しては皮膚が薄いので、体のツボのように圧を入れすぎないでくださいね。力加減の目安としては、痛気持ち良い程度の刺激を意識してください。また、クリームでお肌を整えた後に行った方が良いでしょう。

 

ツボ刺激は、場所や刺激の仕方を覚えたら、仕事中でもデート中でも、移動中でもテレビを観ながらでも……どこでも簡単にできます。今年は例年の夏よりも、シミに負けない透明感のある美白肌を手に入れましょう。

 

【ツボ特集】

「ダラダラ汗」を一瞬でピタッと止める超効果的なツボ5つ

超簡単!押すだけで顔のくすみが改善させるツボ3つ

最強のツボ?超簡単にバストアップできる方法が判明

 美乳に必ず近づく正しいマッサージ法4つ

 新生活のストレスからくる「ツラ~イ胃痛」を和らげる方法