サラダ好きな人が知っておくべき意外と「栄養価の低い野菜」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20130614kiyozaki01

土壌の成分が変わってきたことで、野菜の栄養価にも変化がでていると言われている現代。「野菜をたくさん摂りましょう!」と言われても、すべての野菜をまんべんなく摂ることは難しいですよね。だからといって、好きな野菜ばかりに偏ると、それこそ栄養不足になりやすくなります。

そんな中できる限り効率的に野菜を摂りたい人へ、今回は意外と栄養価の低かった野菜をご紹介したいと思います。

 

■ビタミンCが少ない野菜

含有量0g/100g・・・ショウガ甘酢漬け・らっきょう甘酢漬け・グリンピース水煮缶詰・たけのこ水煮缶詰etc.(比較的食卓に並ぶ機会が多いもののみ列挙)

全体的に見た特徴としては、漬け物や水煮缶詰以外にも、山菜はビタミンCがかなり少なく、これらだけではビタミンCは補給できないということが分かりました。

 

■レチノール(ビタミンA)が少ない野菜

含有量1μg/100g・・・カリフラワー・たけのこ・ゆでもやし・アスパラガス水煮缶詰

水煮缶詰系はどれも低い数値でした。

 

■ビタミンB2が少ない野菜

含有量0.05mg以下/100g・・・カボチャ(ゆで)・ショウガ・大根・玉ねぎ・トマト・ナス・人参etc.

ビタミンB群の中でも、とくにダイエットと関係のあるビタミンB2の含有量が少ない野菜を調べてみましたが、サラダによく使う野菜が多く見られました。また、相変わらず、山菜や漬け物も全体的に含有量はかなり低めでした。

 

■カリウムが少ない野菜

含有量50mg以下/100g・・・グリンピース水煮・ショウガ甘酢漬けetc.

野菜と言えばカリウムが多いことで有名ですが、かなり少ないものもありました。グリンピースの生やゆでただけだとそんなに栄養価は落ちませんが、水煮缶詰にした途端、全体的な栄養価が激減してしまうようです。

 

意外にも今回調べた栄養価に関していうと、水煮缶詰・山菜・漬け物は全体的に栄養価が低めという結果に。水煮缶詰は手軽さはありますが、栄養価が低いのでたまに使うくらいがいいかもしれません。

また、漬け物のビタミンミネラル類が他の野菜と比べ低くはありますが、その代わりに発酵されているおかげで乳酸菌が補えたり、タンパク質がすでに分解されているので胃腸への負担が軽減したり、野菜自体の食物繊維は生きているので、様々なメリットもあります。また、漬け物の中でも“ぬか漬け”にすると、ビタミンが他の漬け物よりも豊富であるのでオススメです。

また、山菜も食物線維は多いですし独特な風味は食卓を豊かにしてくれるので、季節に合わせて摂り方を工夫してみましょう。

 

【関連記事】

栄養が逃げるのでやっちゃいけない「NG下ごしらえ」3つ

人気タレントが31kgも痩せた「スゴすぎる食べ物」とは?

※ たくさん食べても太りにくい!最強じゃがいもダイエット2つ

※ 「野菜を食べれば痩せる」は間違いだって知ってた?

※ 朝活革命!冷え性さんが始めるべき「朝ポタージュ」習慣

 

【参考】

※ 五訂増補日本食品標準成分表 野菜類 – 文部科学省