本当は間違っている「クレンジング選び」のNGパターン5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日化粧水を塗って乳液を塗って、ときにはパックや美容液も使っているのになかなか肌がキレイにならないという方、クレンジングに問題があるかもしれません。

今回は、間違ったクレンジング選びの5つの特徴と、自分に合ったクレンジングの見つけ方のヒントをお伝えします。

 

■1:しっかり落としたいからオイルかジェルを選ぶ

肌がみずから行うことができない“汚れを落とす”というステップ。でも、汚れをしっかり落とそうとするばかりに、必要なうるおいを落としてしまうクレンジングが多いのが現実。

とくにオイルクレンジングやジェルクレンジングは界面活性剤が多く含まれるので、するっと落とせる反面、肌に必要なうるおいや皮脂も落としてしまいます。すると、乾燥が進んだり、エイジングサインが増えたり、刺激を感じることも。

メイクをしっかり落とすことも大切ですが、脱脂力が強すぎないミルクタイプがクリームタイプがおすすめです。

 

■2:とにかく“うるおいを残す”タイプを選ぶ

「うるおいを残さないと!」という意識から、とにかくうるおいを残すタイプを選ぼうとするのも危険です。

メイクをバッチリしっかりしているのに、オーガニックコスメのクレンジングやメイクを落とす力が弱いものを使ってしまえば、余計に肌トラブルのもとになってしまいます。もっとも肌への負担が少ないミルククレンジングを選ぶのであれば、メイクも薄くすることが不可欠。

また、メーカーによって同じタイプのクレンジングでも、メイクを落とす力に違いがあります。同様に、ファンデーションなどのメイク品も、メーカーによって落ちやすいものとそうでないものがあります。

店頭で自分のファンデーションとの相性はどうなのか試したり、サンプルをもらうなどしてメイクの落ち具合を実験してみましょう。

 

■3:メイクも落とせる洗顔料を使う

コスパのよいメイクも落とせる洗顔料や石鹸もありますが、こちらもメイクとの相性によっては完全に落ちないことがあります。

メイクも落とせる洗顔料や石鹸を使う場合は、やはり自分で実験してみるか、“石鹸で落ちるファンデーション”などと明記されているかをチェックしてみましょう。

 

■4:ポイントメイク用は使用しない

肌に負担をかけないようにやさしいクレンジングを選んだ場合、しっかりつけたマスカラや落ちにくい口紅がなかなか落ちにくいことがあります。そのような場合、ムリしてやさしいクレンジングを使うと、こすりすぎたり刺激を与えてしまうことに。

落としやすいナチュラルコスメのマスカラや口紅に変えるか、ウォータープルーフのものを使ったりしっかり重ね付けしたい場合は、専用のポイントメイク落としを使うのがベターです。

 

■5:拭き取りタイプを毎日使う

拭き取りタイプは手軽にメイクを落とせるので便利ですが、その便利さの分肌に刺激を与えてしまっていると心得ましょう。

シートでスルッと落とせる分、強い洗浄成分が含まれているのに加え、拭き取るときの摩擦によって肌にダメージを与えます。一度ストックしてしまうと、ついつい使いがちになるので、トラベルのとき以外は買わないのが無難です。

 

クレンジングは、スキンケアでもっとも重要なステップ。いつも使うファンデーションなどのメイクとの相性が重要なポイントです。うるおいを取り除きすぎて乾燥しないか、メイク残りがないか、しっかり試してから購入するようにしましょう。

 

【関連記事】

朝飲むと恐ろしく老けちゃう意外な「NGドリンク」4つ

コーヒー●杯以上飲むと脂肪がどんどん増えてしまうと判明

残念!一瞬にして周りをドン引きさせる「NGな笑い方」

※ イライラの原因!?「自律神経が乱れる」朝のNG行動5つ

 常識化しているけど…今すぐやめるべきNGヘアケア習慣3つ