腸を鍛えないとドロドロの血液に!すぐできる「腸活習慣」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、今日のお通じはどうでしたか? バナナのようなきれいな便が出なかった方は要注意! 腸のはたらきが弱くなっているかもしれません。

今、“腸活”が話題になっていますが、なぜ腸のはたらきを高めることが重要なのでしょうか。まずは腸のはたらきを確認してみましょう。

 

■腸が悪いと体全体が悪くなる

腸には食べ物の消化、栄養の吸収、老廃物の排出、解毒、ビタミンなどの合成、血液をつくるはたらきがあります。また、代謝や免疫にも深く関わっています。

腸の環境が悪くなると、せっかく食べ物やサプリメントで摂取した栄養が体全体に行きわたりません。「サプリメントを飲んでも、全然きれいになれない」「食生活に気をつけているのに体が弱い」と思っている方は、腸のはたらきが弱くなっていることが考えられます。

また、腸のはたらきが弱くなると、ドロドロの血液ができてしまいます。血液は全身をめぐるので、体全体に悪影響を及ぼしてしまうのです。バランスのとれた食事やサプリメントも美容と健康のカギですが、まず大前提として腸のはたらきを高めておくことが必要なのです。

 

■簡単!腸活習慣5つ

では、すぐ始められる簡単腸活方法を5つご紹介します。

(1)朝起きたら水を飲む

まず、朝起きたら水を飲みましょう。朝は腸も寝ぼけています。水を飲むことで、腸をやさしく目覚めさせてあげましょう。 

(2)3食きちんと食べる

毎日3食きちんと食べることで、腸のはたらきを整えることができます。忙しくて朝ごはんを抜いてしまいがちな方は、バナナやリンゴなど手軽に食べられるフルーツを摂りましょう。固体のものを食べるのがポイントです。ただし、朝からラーメンやカレーなどのヘビーな食べ物はNG。目覚めたばかりの腸がびっくりしてしまいます。

(3)腸によい食べ物を食べる

以下の腸のはたらきをよくする食べ物を積極的に食べましょう。発酵食品(ヨーグルト、納豆、梅干し、味噌、塩麹など)、豆類、山芋、ほうれんそう、白菜、にんじん、ごぼう。

(4)毎日ちょっとした運動を

「最近運動していないな」という方、毎日少しでも運動をするように心がけましょう。涼しい時間にウォーキングをしたり、普段エスカレーターで上がるところを階段にしたり、ちょっとした意識で運動量が変わってきます。家の掃除を一生懸命するだけでも、よい運動になります。歩数や消費カロリーがわかる活動量計や歩数計を使うと、毎日の運動量が目に見えるのでおすすめです。

(5)プチ断食をする

汚れてしまった腸をリセットするために行いたいのが断食。でも、まったく水も食べ物も摂らない断食は、プロのもとで行わないと危険です。まったく何も食べないのではなく、スムージーや具なしのお味噌汁で行うプチ断食は、過去記事「楽して老けない体になれる!完全究極のデトックス法3つ」で紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

今回は、腸のはたらきを高めることが美容と健康のために重要であるとお伝えしました。毎日の便をきちんと確認し、腸活を習慣にしていきましょう! 

 

【関連記事】

気になる「首や眉間のシワ」をなかったことにする対策まとめ

老化の70%は紫外線が原因・・・実は●●で防げる?

毛穴ケアをおさらい!肌年齢をグッと下げる「上向き肌」を作る方法

※ フツーは捨てる「生ごみ」でアンチエイジングできるって本当?