この夏絶対試したい!「リンゴ酢美容」の驚くべき効果とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドリンクやサラダ、食事のかくし味などと万能な“リンゴ酢”。特にお酢は新陳代謝を促進させ、胃腸の調子を整えたり便秘や冷え性にも効果があることから、ダイエットとしてもよく使われていますよね。そんなリンゴ酢ですが、飲むだけでなく肌や髪に直接使う事で美肌、美髪になることをご存知でしたか? 

今回は意外と知らない、マルチなリンゴ酢の使い方についてご紹介致します。

 【美容についてもっと読みたい方はこちら】

 

■ダイエットとして

リンゴ酢といえば、やはりダイエットですよね。その方法は1日にリンゴ酢を30ミリリットルを飲むだけ。酸っぱさが気になり、そのままでは飲めないという方はお水や炭酸、ハチミツ、牛乳、ヨーグルトなどと混ぜると飲みやすくなります。飲む時は胃に負担をかけない食後にしましょう。

リンゴ酢に含まれる豊富なアミノ酸は、脂肪燃焼酵素を活発にさせ脂肪の蓄積を抑制します。また酢酸やクエン酸が余分な脂肪をエネルギーの資源として消費を促してくれるので、スポーツドリンクとしても効果アリです。

また、リンゴに含まれるペクチンという成分には、腸の動きを活発にするので便秘に悩んでいる人にもオススメ。さらにリンゴには、利尿作用があるカリウムも含まれているので、むくみにも効果的です。

さらにリンゴ酢には疲労回復の効果もあり、以前の記事「カフェイン抜きで劇的に身体が目覚めるドリンクレシピ4つ」でお伝えしたように、エナジードリンクとしても活用できます。

 

■化粧水として

ビタミンC、そしてビタミンC破壊酵素を弱める効果があり、さらに新陳代謝も促す事からシミや美白にも良いとされているリンゴ酢。実はそのまま肌につけても美肌効果があるんです。リンゴ酢に含まれている抗菌性が肌のpHバランスが保ち、さらには毛穴の汚れを落としたり、吹き出物の皮脂量を抑えたり、肌を引き締める収れん効果もあるんだそう!

白くてぷるぷるの肌を誇る女優スカーレット・ヨハンソンも「ちょっとピリピリするかもしれないけど、吹き出物が出来た時には効果的よ」と、リンゴ酢をふきとり化粧水として使っていることを明かしていました。

 

■髪のリンスとして

髪に使用すれば皮脂やフケ、汚れなどをさっぱりキレイに取り除いてくれるリンゴ酢。さらに何回も続けていくうちに傷んだ髪を復活させ、サラサラで柔らかな質感にもなるといいます。

そんなリンスの作り方は、大さじ1〜2のリンゴ酢と1カップのお水を合わせるだけ。それを髪につけて、頭皮をマッサージしたり、くしでとかしたりしてから洗い流しましょう。ニオイが気になるならエッセンシャルオイルを合わせても◎です。

このリンスは、女優のジェシカ・アルバも著書でオススメしているものです。

 

飲んでも、肌や髪につけてもサッパリ、スッキリ感が得られるリンゴ酢美容は、暑い今の時期にピッタリ! 気分転換にでも、ぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

体にいい「リンゴ」のどんどん美人になれちゃう食べ方5つ

意外と知られていない「ニンニク臭」を撃退する食材4つとは?

糖尿病にもいい「お酢」を美味しくゴクゴク飲む方法5つ

料理にかけるだけでOK!超簡単な食べ合わせダイエット