ダイエットに一番効果的なのは?意外と知らない「代謝」の豆知識

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「夏までに痩せるには、どんどん代謝を良くするしかない!」と「代謝、代謝」という言葉をよく耳にします。皆さんのイメージが一番強い代謝は、基礎代謝のことではないでしょうか? しかし代謝と一言で言っても、4種類あることをご存知でしょうか?

そこで今回は、代謝について意外と知られていない裏情報についてご紹介したいと思います。

 

■代謝には4種類あった

先ほども言いましたが、代謝は1種類だけではありません。代謝は大きく分けると以下の4つが挙げられます。

(1)基礎代謝

体型や筋肉量などによって、消費されるエネルギーのこと。代謝というと、これを指すことが一番多いです。

(2)新陳代謝

皮膚や内臓の生まれ変わりのこと。皮膚や内臓にはそれぞれ生まれ変わる期間が決まっていて、皮膚なら28日周期、胃なら1週間、腸は2週間、肝臓は1ヶ月などといわれます。しかし、年齢や血行によって具体的な周期には個人差があります。

(3)生活活動代謝

生活スタイルによって、変わってくるエネルギーのこと。肉体労働なのか、デスクワークなのかなどにより変わってきます。

(4)食事誘導性熱代謝

食事をすることによって消費されるエネルギーのこと。

皆さんはいくつ知っていましたか? 次に、一般的にあまり知られていない食事誘導性代謝について詳しくご紹介したいと思います。

 

■食事誘導性代謝を上げる方法

食事誘導性代謝は、食事を行うことによって生じるエネルギーになります。食事内容や、食事の仕方、タイミングなどによって代謝量が変わってきます。せっかくなら、より多くのエネルギーを使う方法を挙げてみると、以下の7つの方法があります。

(1)よく噛むこと

(2)固めの食べ物をチョイスすること

(3)温かいものから食べること

(4)食事性誘導代謝量が一番多い朝にしっかり食べること

(5)よく味わい、香りも楽しむこと

(6)香味野菜を食べること

(7)食べる前に軽いストレッチをすること

 

いかがでしたでしょうか? ちょっとした工夫で、食事誘導性代謝が上がることがわかります。しかも、どれも座ったままでもできることばかりです。しっかり食事誘導性代謝をあげることで、食事中に汗をかくこともできるようになります。あなたの周りに食事をしだすと汗をかく人がいたら、食事誘導性代謝が高いせいかもしれませんよ。

この代謝もエネルギーを消費しますので、ダイエットに取り入れることをおススメします。毎日する食事で、代謝を上げながらダイエットできるので、ぜひ今日から試してみて下さいね。

 

【関連記事】

代謝アップで二度と太らない!効率的に脂肪を燃焼する方法【前編】

代謝アップさせて美肌を手に入れるための食生活のコツ

温泉に浸かって脂肪燃焼!ダイエット効果を高める入浴法

※ 痩せ体質をつくる!効率的に「基礎代謝」をガンガン上げる方法