1位は超意外な●●!日常生活のカロリー消費ランキング

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう薄着の季節は目の前。ダイエットについて真剣に考えざるを得ないシーズンに差し掛かってきました。でも、運動はなるべくしたくない。かといって、エステに通う時間もない……。そうなると、日常生活でいかにカロリー消費できるかが勝負となります。

そんな方に朗報なのが、誰でも既に毎日の何気ない生活の中で、意外なほどカロリーを消費しているという事実。具体的に、どんな行動がカロリー消費につながっているのでしょうか?

 

■消費カロリーベスト5

運動をすれば、それなりにカロリーは消費できますが、例えばケーキ1個食べたカロリーを消費するのに2時間マラソンせねばならないと考えると、ちょっと気持ちが折れてしまいそうになりますよね。そこで、運動嫌いの方にも朗報なのが、意外な日常生活におけるカロリー消費量。気になるランキングはこちらです。

1位 デスクワーク・・・5時間で約500kcal消費

2位 睡眠・・・7時間で約450kcal消費

3位 電車移動・・・40分間立って84kcal消費

4位 自転車移動・・・20分間で76kcal消費

5位 買い物・・・30分間で70kcal消費

この数字はあくまで一般的なもので、性別や身長・体重などによっても異なりますが、大まかな基準として考えてください。意外なのは座っているだけのデスクワーク。やはり体は動かさずとも、頭を使っている点でカロリー消費量も大きいようです。

また、2位の睡眠も意外な数字といえるのではないでしょうか。運動をするより寝ているだけでカロリー消費できるなら、その方がいいという人も多いと思います。ただし、睡眠の場合は7時間という長時間を費やしているところに注目。30分で換算すると、約30kcalほどになるので、やはりカロリー消費量は動いているときの方が上回っているようです。

また、デスクワークも長時間同じ姿勢で続けていると、女性の場合はむくみの問題が出てくることも。やはりただ座っているだけではなく、たまには肩や脚をぐるぐる回して血行を促してみたり、軽い体操をするとむくみ予防にもなりオススメです。

通勤や移動時のカロリー消費量をアップさせるためには、アミノ酸など燃焼系の成分を出掛ける30分前に摂っておくことです。そうすることで、さらにカロリー消費量がアップし一石二鳥!

 

日常生活+αのちょっとした工夫で、カロリー消費の効率も上がりそうですね。夏本番までもうすぐ。日常生活におけるカロリー消費を利用しつつ、うまくカロリーコントロールをしてくださいね。

 

【関連記事】

※ ダイエットに最適な「くるみ」の簡単でおいしい食べ方3つ

セレブも実践!胸はそのまま「痩せたいとこだけ痩せる」ダイエット

大雑把なO型女子が取り入れるべき「美容習慣」6つ

 これならリバウンドしない!酵素ダイエットの裏技3つ

※ 驚くほど簡単にできる!二の腕の「部分痩せ」テクニック

 

【参考】

※ 『やせるダイエット完全ガイド - 流行ダイエット辛口総点検50-』(晋遊舎)