美肌のために顔を「洗う派vs.洗わない派」正しいのはどっち?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気温が上がり、日差しが強くなってきた今こそ見直したいのが“洗顔”です。洗顔なくして美肌は手に入りません。しかし、肌に良かれと思っていた洗顔方法が、実はトラブルを引き起こすこともあるのです。

今回は洗う派・洗わない派から、洗顔のメリット・デメリットをお伝えします。

 

■洗顔で美肌が手に入る理由

洗顔の役目は、皮脂や汗、古い角質、落としきれなかったメイク、排気やタバコの煙など肌に付着した汚れを落とすことです。このまま肌の汚れを放置しておくと、雑菌が繁殖してニキビの原因になったり、詰まった汚れが酸化して黒ずみ毛穴になってしまうのです。

 

■“朝晩2回洗顔”は乾燥しやすい

夜はクレンジングと洗顔、朝起きて洗顔。朝晩2回洗顔するという方が、最も多いのではないでしょうか。朝晩洗顔のメリットは、お肌を常に清潔な状態に保てることです。お肌が健全な状態であれば、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常に行われ、肌のくすみやシミなどを改善してくれるので、美肌への近道となります。

一方でデメリットは、乾燥肌の人にとっては皮脂や油分を洗い流すことにより、乾燥がより気になってしまうことが挙げられます。

 

■肌トラブルが起こりやすい“夜だけ洗顔”

夜はクレンジングと洗顔、朝は洗顔せずにスキンケア。または、ふき取り化粧水後、スキンケアという方もいるかと思います。過去には、「顔を洗わない」という美容法がブームになったこともありましたね。

夜だけ洗顔のメリットは、お肌の潤いをキープできることです。夜のスキンケアで保湿した潤いをそのまま、翌朝まで持ち越せるので、場合によっては「お化粧ノリがいい」と感じることもあるかもしれません。

一方でデメリットは、肌トラブルが起こりやすくなることです。人は寝ているうちにも皮脂や汗が分泌され、ほこりなど目に見えない汚れが付着しています。この汚れを洗い流すのが朝の洗顔の役目であり、朝洗顔しないことで汚れが詰まり、肌トラブルの原因となってしまうのです。

 

■季節ごとに“自分の肌に合った洗顔法”にチェンジして

筆者の肌タイプは、Tゾーンの油分は気になるけれど、口周りのUゾーンは乾燥しがちな混合肌。過去に、夜だけ洗顔を試してみたことがあります。乾燥が気になる冬場は、油分バランスがとれて良かったのですが、春先からTゾーンの吹き出物に悩まされるようになりました。

皆さんはもうお分かりかと思いますが、皮脂や汗の分泌が増えたのにもかかわらず、洗顔の回数が少なかったため、毛穴が詰まってしまったことが原因です。夜だけ洗顔が向いている方は、前述の通り“乾燥肌”の人です。しかし、日本人の多くは混合肌といわれています。そのため、季節ごとに合った洗顔法が大切なのです。

混合肌だけれど、朝晩洗顔すると乾燥してしまう気がするという方は、洗顔フォームをしっとりタイプに替える、朝は洗顔フォームを使わずにぬるま湯だけ等と、肌調子が整う方法にチェンジしてみてください。

 

たかが洗顔、されど洗顔。もう一度見直して、肌トラブルのない美肌を手に入れましょうね。

 

【関連記事】

※ 美肌に超重要な「洗顔」で必要なのは泡立ちよりも●●って本当?

※ 絶対にやめて!乾燥を悪化させる「洗顔後」のNG行動4つ

※ たった2週間で必ず肌が生まれ変わる「スゴイ洗顔法」6つ

※ 絶対知っておくべき!「クレンジング」に潜む意外な落とし穴

※ もう悩まない!おブス肌から脱却する正しいニキビケア3つ