シミ対策は内側から!美白効果のある身近な食べ物5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線が気になる季節がやってきましたね。みなさん、日焼け止めやスキンケアで美白対策をされていると思います。本気で美白を目指すなら、外側からのケアと同時に内側からのケアもしっかりしたいところ。

今回は、美白効果のある食べ物を5つご紹介したいと思います。

 

■1:トマト

トマトにリコピンが含まれていることは、多くの方がご存知ですよね。そのリコピンには実は美白効果があるのです。リコピンには、メラニンのもとになるチロシナーゼという酵素の活性化を抑えるはたらきがあり、メラニンの生成を防いでくれます。

トマトは体を冷やす性質もあるので、これからの季節、熱中症対策にもなります。

 

■2:カボチャ

カボチャにはビタミンCが多く含まれています。ビタミンCが含まれている食材はたくさんありますが、調理で失われてしまうものも多いです。でも、カボチャは煮つけにして食べれば、あまりビタミンCが失われません。

カボチャには、他にもビタミンE、ビタミンAに変わるβカロチンといった抗酸化力のある成分も含まれているので、美肌には欠かせない成分がいっぱい! 食べないと損です。

 

■3:鮭

アスタキサンチンを多く含む鮭にも、美白効果が期待できます。アスタキサンチンは抗酸化力が高く、紫外線を浴びて発生する活性酸素を除去するはたらきがあり、メラニンが増えるのを抑えてくれます。 

鮭を買うときは、よりアスタキサンチンが多い、赤みが強いものを選ぶようにしてみてください。

 

■4:玄米

玄米には、ポリフェノールの一種であるフェルラ酸が多く含まれます。フェルラ酸は、メラニンを作る酵素チロシナーゼのはたらきを抑えるとともに、アルツハイマーや高血圧の予防にもよいといわれている成分です。

また、玄米はビタミンやミネラルも豊富なので、代謝をよくしてメラニンの排出を助ける効果も。白米を食べている方はぜひチェンジしてみてください。

 

■5:蕎麦

蕎麦には、抗酸化力のあるルチンやビタミンE、チロシナーゼのはたらきを抑えるシス・ウンベル酸が含まれています。

蕎麦ばかり頻繁に食べるのは栄養バランス上よくないので、蕎麦茶を取り入れるとよいでしょう。ペットボトルのものや、煮出しパックのものが売られているので、活用してみてくださいね。

 

美白効果のある身近な食べ物をご紹介しましたが、いかがでしたか? どれもスーパーに売っているので、ぜひ積極的に献立に取り入れてみてくださいね。

 

【食べ物シリーズ】

あなたの「女性ホルモン」をドバドバ分泌させる5つの食材

知らないと損!「100%ジュース」に潜む危険な落とし穴

体にいい「リンコ」のどんどん美人になれちゃう食べ方5つ

※ ダイエットを手助けしてくれる「実はすごいフルーツ」2つ

※ 実はスーパーフードな「菜の花」の手軽でおいしい食べ方