在日外国人が不思議に思う「日本人女性のナゾの言動」5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い鎖国時代を経験してきた日本は、独特の文化が育った島国といえるようです。わたしたち日本人が”普通”だと思っていることが、海外の人にはどう映っているのか気になりますよね。

今回は、在日外国人が不思議に思っている、日本人女性に対する疑問をご紹介します。

 

■1:「ありがとうございます」を多用しすぎ?

「コンビニで100円のものを買っただけなのに、店員さんが3回もありがとうございますといって頭を下げてくれるので、僕の方が恐縮しました。もっと買ってあげればよかったかなと思いましたが、今では良いことをしているみたいで気分がいいと思うようになりました」(ドイツ人・30歳)

確かに日本では「ありがとうございます」という言葉が挨拶のようになっているふしはありますね。ビジネスの場でも魔法の言葉として捉えられることもありますが、あまり多用すると感謝がこもっていないような感じがするかもしれません。

 

■2:店員の裁量で判断できないことが多いのはなぜ?

「ランチメニューが始まる10分前にお店に入り、ランチを頼みたいと言ったら、あと10分経たないと注文できませんと言われた。10分間待って注文したけど、忠誠心が強いのか、上司が怖いのか、融通が利かなすぎ!」(アメリカ人・26歳)

規則を守ろうとする日本人らしい行動ですが、なにもせず10分待っているのは来店していて良い気分ではありませんね。あとで問題になったら困るという、危機管理の意識が強いのでしょうか。臨機応変な対応が求められているようです。

 

■3:どうして茶髪にするの?

「欧米では真っ直ぐでコシがある黒髪に憧れる女性が多いのに、どうして日本の女の子はみんな茶髪に染めるの? もったいないと思います」(イギリス人・37歳)

ないものねだりなのでしょうか。金髪の女性が髪を黒く染めたり、黒髪の女性が茶髪にしたり、少しでも理想の自分に近づきたいという女性の気持ちは、どの国も同じように感じます。

 

■4:アニメのキャラクターの行動が実際の日本人と違っていてショック

「来日する前に観ていたアニメでは、女の子が遅刻寸前で食パンをくわえて走っている場面がよくでてきました。そんな子を見られるのかと思ったら一人もいませんでした。ちょっとがっかり」(中国人・29歳)

わたしたちが思っている以上に、海外では日本アニメファンが多いようです。アニメの登場人物とまったく同じ行動をしていると思われていたのは、逆にビックリですね。

 

■5:相手の言葉が理解できないときに笑顔になるのはなぜ?

「英語で話していてわからないときに笑顔でごまかすことが多いけど、それじゃあ困ります」(36歳・ロシア人)

英語で話し慣れていないと、照れくさくて苦笑いしてしまう日本人も多いかもしれません。意志表示をはっきりする外国人と話すときは、日本人の照れを捨てて意思表示をはっきりしてみましょう。

 

いかがでしたか? 同じ文化で育ってきた日本人同士は、空気感で相手の気持ちを読み取ろうとするふしがありますが、外国人にはそれも不思議に映るようです。海外の人と接するときには、日本のことをいろいろ説明してあげたいものですね。

 

【海外シリーズ】

※ アメリカの父が教える「簡単に人から好かれる」コミュニケーション術

効果バツグン!米セレブが実践している完璧ボディキープ法

30分の運動で「劇的に痩せる」アメリカで流行中エクササイズ

海外セレブが大ハマり!話題沸騰中「アルカリ性ダイエット」とは

※ ナンパのお手伝いまで!? タダで楽しめるおもしろ機内サービス