恐怖…花粉症で失明の危険!?でもコンタクトレンズが欠かせない方へ、3つの対策!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立春が過ぎ、「……ハクション!」の季節が本格的にやってきましたよ!  花粉の飛散は、昨年の約4~5倍とも言われている今年。今回は、花粉症の4大症状と言われる、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみの中で、重大なトラブルを引き起こしやすいのに盲点な“目”について警告します! 「とにかく目がかゆい」これが重大なトラブルを引き起こすこともあるので要注意!

最悪、失明に至るケースもあることが『livedoorニュース』でも紹介されています。

あすみが丘佐野眼科医院の佐野院長によると、眼科の場合、かゆみ、異物感、充血、目ヤニ、まぶたの腫れなどで眼科を訪れる患者さんが多いとのことだが、中でも圧倒的に多いのはかゆみで、アレルギー性結膜炎を起こしてまぶたの裏にブツブツが出来ている場合もあり、症状が進みそれを放置して悪化した場合、視力を失ってしまうこともあるという。(※1)

こ、こわい……。

また、花粉症の季節にコンタクトレンズを装用している人は、裸眼の人より更に注意が必要だそうです。

通常、目には涙による洗浄作用があり、異物やゴミなどが目に入った場合は涙が洗い流してくれる。

しかし、コンタクトレンズを装用していると涙による洗浄効果が低下し、アレルギーの元となる花粉が目の中に停滞しやすくなる。(※1)

私もコンタクトレンズ歴は長く、もう15年くらいになりますが、毎日外したレンズの汚れにギョギョッとしています。

 

また、ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーが、本格的な花粉飛散期に先駆けて行った、『花粉症についての意識調査(※2)』によると、コンタクトレンズユーザーの9割以上が花粉飛散期もレンズを装用しているという結果が。

 

そこで、花粉症の時期をコンタクトレンズでも快適に過ごすための対策を、ご紹介します!

■1.コンタクトレンズを“1日使い捨てタイプ”に切り替える!

【例】 ジョンソン・エンド・ジョンソン  ワンデーアキュビュー モイスト

前述の調査で、今春どのような花粉症対策を行うかを聞いたところ「早めに薬を飲む」(61.8%)、「早めに医療機関を受診する」(59.7%)といった、早めの花粉対策を考えている人も多いようですが、花粉対策として「1日使い捨てタイプのコンタクトレンズに変える」という人はわずか29.7%

1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使うことが花粉対策になる理由は、下記の通り。

2週間や1ヶ月の交換タイプや従来型では、どんなにこすり洗いをしても、たんぱく質や脂質を落とすことは出来ず、結局汚れが付着したまままた翌日同じコンタクトレンズを使用することで、ますます花粉がつきやすくなるらしい。

その点、1日使い捨てタイプは毎日新しいコンタクトレンズを使用することで、最初から汚れを目の中に入れてしまうリスクを避けられるのだ。(※1)

 

■2.“非イオン性”のコンタクトレンズを選ぶ!

【例】チバビジョン  デイリース アクア

あなたのコンタクトレンズは「非イオン性」ですか? 1日使い捨てタイプをわざわざ買わなくても、このタイプのコンタクトレンズを利用していれば、花粉対策できているとのこと。

コンタクトレンズには「イオン性」と「非イオン性」のコンタクトレンズがあり、「イオン性」は涙の中に帯電している物質を引き付けやすく、汚れやすいと一般に言われており、佐野先生の研究によれば、「非イオン性」のコンタクトレンズの汚れの付着量は「イオン性」の1/300※とのことだ。

つまり、「非イオン性」のコンタクトレンズはたんぱく質などのアレルゲンがつきにくいので、花粉症のコンタクトレンズユーザーにとってはぜひ使ってみたいレンズだ。

※たんぱく質の付着量を比較 (出典:佐野研二『新しい眼科17(7)2000』(※1)

 

■3.朝と夜に、専用の洗眼薬で目を洗う!

洗眼薬は私も毎日使っていますが、目を洗ったあとの汚れを肉眼で見えるところがちょっと嬉しい!  洗眼薬を使って洗浄することで(目を数秒間パチパチさせるだけ)、目のかゆみ・充血・なみだ目、眼病の予防に効果があります。朝、「なんだか目がショボショボしてコンタクトレンズが入れづらい……」ということも減りますよ!

【例】 ロート製薬 アルガード目すっきり洗眼薬α (第三類医薬品)

花粉症治療のため、耳鼻科とともに“眼科”を受診するコンタクトレンズユーザーはわずか12.3%だそう。“目”の花粉対策に気を使って、春も快適に過ごしたいものです!

 

【参考】

※1.花粉症にコンタクトレンズは要注意! (livedoorニュース)

※2.【調査資料】 花粉飛散期のコンタクトレンズユーザー意識調査(花粉症の20から40代の使い捨てコンタクトレンズユーザー600名を対象)