片瀬那奈も愛用!「生態系シートマスク」の驚異的な実力とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『美レンジャー』ではこれまでにもシートマスクに関する記事をいくつかご紹介してきましたが、その種類の豊富さから、「自分にはどれがあっているんだろう……」と頭を抱えるシートマスクジプシーが、増えてきているようです。

確かにシートマスクは、コンビニや薬局といった至るところで目にするものになったので、お気に入りを探し出すのはちょっと大変ですよね。まずは、「肌がキレイな人が使っているものや、評判がいいものを試してみる」という人は多いのではないでしょうか。

そんな人にオススメしたいのが、数々のドラマやバラエティ番組に出演している白くて美しい肌の持ち主、片瀬那奈さんが自身のブログの中で毎日愛用していることを明かした、”蜂毒”や”ヘビ毒””かたつむり”などの生態系シートマスクです。

今回は、植物でも海藻でもない人気の生態系シートマスクの特長をおさらいしていきたいと思います。

 

■1: ニキビが気になるときは蜂毒

蜂毒は、古くから民間療法として用いられていたことでも有名。なんと、肌トラブルが起こったときに蜂毒を投与すると、約80%以上皮膚が再生するという高い治癒能力が実証されているんです。

抗菌、抗炎症作用によってニキビができている肌を修復し、その後のニキビ菌の増殖を抑える効果があるので、肌が揺らぐ今の季節にオススメです。

 

■2: シワが気になるときはヘビ毒

今、「ヘビの毒を顔や体に塗っても大丈夫なの?」と思いませんでしたか? それが大丈夫なんです。ヘビ毒といっても生態系コスメに使われているものは本物ではありません。

気になるその正体は、“シンエイク(ジ酢酸ジペプチドアミノブチルベンジルアミド)”というヘビ毒をヒントに作った活性ペプチドで、ヘビ毒がもつ筋肉をマヒさせる作用をシワの改善に使えないかと研究されてできたものなんです。シートマスクをはがした後のふっくらとした肌から、”貼るボトックス”とも言われています。

 

■3:くすみが気になるときはかたつむり

生態系スキンケアの火付け役となったのが、”かたつむりエキス”を使ったアイテム。

ネバネバしたかたつむり分泌液から抽出されたかたつむりエキスには、傷修復作用や抗炎症作用、毛穴の引き締め効果があり、たんぱく質分解酵素のプロテアーゼには、古い角質や老廃物を除去し、肌を再活性化する効果があるので、ワントーン明るい肌を目指す人にピッタリ。

 

「生態系シートマスクは使う勇気がなかった」という人も、早速試してみたくなったのではないでしょうか。美レンジャーの過去記事「驚くほど”シートマスク効果が倍増する”魔法のテク5つ」にあるシートマスクの使い方を参考にして、理想の肌に近づいちゃいましょう。

 

【シートマスクを使ったスキンケア特集】

※ 驚くほど「シートマスク効果が倍増する」魔法のテク5つ

美容ライターが徹底検証!あの大ヒット美容アイテムの秘密

現代流のスキンケアはシートマスク!忙しい女性にピッタリの時短美容法