食べる前に知りたい!人気の定番3大ドーナツカロリー徹底比較

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、billsやEggs’n Things、Cafe Kailaのような海外で人気のスイーツ店が日本に進出してきたこともあり、空前の外食スイーツブームが巻き起こっています。

これまでは海外に行った時にしか口にできなかったあの味を、日本でも堪能できるとなれば、「行列に並んででも食べたい!」と思う人は多いのではないでしょうか。

ですが、このように海外の美味しいスイーツが手軽に食べられるようになって喜んでいる私たちとは反対に、日本の代表的な外食スイーツ店である”ドーナツ店”は厳しい状況に陥っているということをご存知ですか? 今、日本が誇る外食スイーツ店『ミスタードーナツ』のリニューアルが大きな話題になっていることからも、その様子が伺えますよね。

そうはいっても、お家で食べられる定番のおやつ”ドーナツ”が好きという人もいるはず。ここで、マイナビニュースにある「【女性編】好きなドーナツチェーン店ランキング」という興味深い調査の結果をご紹介します。

<1位 ミスタードーナツ 78.7%

2位 クリスピー・クリーム・ドーナツ 23.8%

3位 はらドーナッツ 8.9%

4位 DOUGHNUT PLANT 5.5%

5位 miel 2.9%>

ミスタードーナツはダントツの1位で、ランキングの中で「定番」「安いしおいしい」「たまにある100円セールや、ホットカフェオレのおかわり自由がうれしい」などという人気の理由も述べられていました。

今回は、GWのお供にピッタリ! お家でリラックスしながら食べられる人気ドーナツ店の定番商品のカロリー比較をしていきたいと思います。ドーナツ好きのみなさん、メニュー選びの参考にしてみては?

 

■ミスタードーナツ

幅広い年代の人や性別を問わず大人気のミスタードーナツは、4月26日より「TRY!NEW MISDO!」という大幅なリニューアルを展開しています。

ドーナツの風味を格段に進歩させるためにオイルの素材や製法を見直し、サクサク感をアップするために原材料の選定から配合する量にまで、こだわって改良したミックスを採用したことが話題になっているのですが、定番の『オールドファッション(1個126円・318kcal)』もその対象商品なんです。

リニューアル前のものと比べると、サイズが少し大きくなり、サクサク感が増しているそうなので、早速食べてみたくなりますよね。

 

■クリスピー・クリーム・ドーナツ

クリスピー・クリーム・ドーナツは、アメリカ生まれのドーナツチェーン店で、2006年の日本進出以来根強い人気を誇っています。なんと、定番の『オリジナル・グレーズド(1個160円・220kcal)』は、日本での販売個数が1億個を突破したそう。

さらに、5月6日~5月12日までの期間限定で、母の日のギフトにピッタリの人気ドーナツ6つをアソートした『ママ ダズン ハーフ』という、ポップなイラストのスリーブがついた特別仕様のものが販売されます。限定好きの人は、足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

■はらドーナッツ

神戸発のはらドーナッツでは、『はらドーナッツ(1個120円・約184kcal)』が定番です。HPにカロリーの記載がないのですが、使用している材料などから184kcalくらいではないかと予想されています。

オカラと豆乳で作られたヘルシーなドーナツは、その他にも三温糖の使用により上白糖と比べて糖分が少ないところや、全粒粉の使用で食物繊維と鉄分が摂取できるところも魅力的。

「スイーツを食べながらキレイになれる」「罪悪感が少なくて済む」といった理由から、女性に嬉しいドーナツなのです。普段は甘いものを我慢しているという人でも、安心して食べられるのではないでしょうか。

 

プレーンドーナツといっても、お店によって材料や製法が異なるので、気になるカロリーも違ってきます。GWの予定がない人は、おやつタイムにお気に入りのドーナツを食べながら、のんびり過ごすのもいいのではないでしょうか。

 

【カロリー比較特集】

※ 迷ったらチェック!太りにくいドーナツvs太りやすいドーナツ

食べすぎると太ってしまう「高カロリーなパン」トップ10

要注意!実は太りやすい「高カロリーなサラダ」トップ10

サービスエリアで誘惑してくる危険な高カロリー食べ物4つ

※ 意外な盲点!「太らずに甘いものを食べる」ためのシンプルなコツ

 

【参考】

※ 【女性編】好きなドーナツチェーン店ランキング – マイナビニュース